東京ディズニーランド なぜ蚊がいない? 秘密とは

d6ad2bbb52242d9a3fc8e8ba7a02a93020140906165431308

代々木公園内に生息するデングウイルスを持つ蚊を駆除するため、

園内に薬剤を散布した。ただし、代々木公園は総面積が54万平方

メートルもあり、園内の蚊を残らず退治するのは不可能とみられる。

すでに新宿中央公園で感染したとの報告もあり、蚊の生息域は

代々木公園から拡大中だ。

ところが、蚊が“一匹もいない”として有名な場所がある。

東京ディズニーランドだ。

スポンサードリンク

しかも、ディズニーはランドとシーを合わせると、総面積が代々木公園の

2倍の100万平方メートルもある。

なぜディズニーランドに蚊はいないのか。

スポンサードリンク

特別なことをしているのか。

「蚊の対策として行っているわけではありませんが、

敷地内に水処理施設があり、特殊な技術で水を浄化しております。

その結果として害虫等の発生が抑えられています。

水に殺虫剤や塩素を混ぜているのではありませんので、

飲んでも人に害はありません」

水処理施設の技術は「社内秘」ということで教えてくれなかったが、

ならば、代々木公園に薬剤を散布している都の職員は、

ディズニーランドに教えを請いに行った方がいい。

蚊の嫌う高周波を流しているという噂もあるがどうなのか。

蚊の羽音である「モスキート音」を流すことで、縄張り争いから蚊が寄って

こないという原理らしい。

実際、高周波に虫よけ効果がないことは、テキサスA&M大学の研究でも

明らかになっている。

高周波で蚊を撃退しているというのは“都市伝説”のようだ。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

忍者