インフルエンザの予防方法は日光浴でなりにくいデーターあり!

インフルエンザの防ぐ手洗い、うがい、食べ物、
マスク、栄養アルコール消毒、湿度、乳酸菌 etc

ありますが。

日光浴をするとインフルエンザになりにくい

データーでは3500人の子供を対象に、秋と冬に12回、
紫外線を浴びさせる実験をしたそうです。

スポンサーリンク
/ /

紫外線を浴びなかった実験の前シーズンに比較して、
風邪の発症が66%も減少した。

 

理由は紫外線により皮膚の免疫細胞が刺激されて活性化し
、感染を防いだのと、

 

太陽から手に入る“ホルモン”ビタミンD
は、私たちの体の必要量のおよそ半分に達する。

 

インフルエンザには抗生物質(抗菌薬)は効果がありませんが、

ビタミンDの免疫活性化機能の一端が分かります。

 

 

ilm08_cd05009

画像:http://www.dex.ne.jp/omedeta/illust/psearch/ImageL…

 

メラトニンというホルモンも日光に関係しています。
朝、太陽の光が目に入ると、

体内時計をつかさどる網膜と直結している
脳の視交叉上核というところが光に反応して
メラトニンを製造します。

スポンサーリンク
/ /

作られたメラトニンはその日の夜に分泌されて、
快適な睡眠を作ります。

睡眠を十分取ることは、もちろんインフルエンザの
予防になります。

脳をはじめ、体内のあちらこちらに存在する
セロトニン神経は、日光の刺激でセロトニンを分泌します。

セロトニンは、体温調節・摂食行動・情緒など主に
昼間の生活を支え、これもインフルエンザから
体を守ります。

ビタミンDやホルモンの分泌を増やすには、
1日15分程度の「日光浴速歩き」でよい。

冬は紫外線の量も少なく昼間に少し寒さを我慢して
顔と腕を服から出して、ちょっと速く歩く。

 

インフルエンザ予防&対策として食べ物も
野菜,みかんを食べる(ビタミンC,D,B郡の摂取)

 

ビタミンDの免疫活性化は食べ物だけでなく
お金がかからない日光浴もあり。

 

ただしインフルエンザの予防には

(1)正しい手洗い

(2)ふだんの健康管理

(3)予防接種を受ける

(4)適度な湿度を保つ

(5)人混みや繁華街への外出を控える

(6)外出時はマスクをする

2016年12月14日現在

都道府県別では

栃木県(10.08)、沖縄県(9.64)、岩手県(8.94)、
富山県(8.73)、福井県(7.41)、福島県(6.66)、

北海道(6.52)、石川県(6.38)、宮城県(4.43)、
群馬県(4.34)、香川県(4.19)、東京都(4.02)、

埼玉県(3.86)、山梨県(3.54)、神奈川県(3.43)、
新潟県(3.40)、広島県(3.34)、千葉県(3.32)
の順となっている。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者