副業が確定申告で会社ばれない方法は!マイナンバーは大丈夫?

このサイトに来たということは

 

副業(副収入)やサイドビジネスを
会社に知られたくない方。

 

アルバイトや週末起業、フリーランスの仕事、
ネットビジネス(アフィリエイト、せどり)

 

ポイントサイトのげん玉など
在宅ワーク、ネットワークビジネス、などの副業を
されているのでしょう。

 

gfvdv

画像:http://loptopshop.net/20151023-2/

確定申告をするとサラリーマンの副業はばれるのか?

確定申告を怠った場合は法律違反になります。

住民税があります、これは本業の給与収入の金額と、
副業の給与収入の合計で計算されるのです。

スポンサーリンク
/ /

確定申告に基づいて計算された住民税額が、
6月以降に会社のお給料から住民税として
天引きされるわけです。

 

そのときに会社の経理の方が他の方より
住民税が高いから何か副業をしているな
と気づくことで、

サラリーマンの副業がばれるのです。

 

特に副業で高収入の場合は、簡単に会社にばれる
ことになります。

 

じゃ赤字申告したらいいのか、これも副業の
赤字は給与所得と相殺され、住民税の金額を
大きく下げてしまうのでばれます。

 

会社員の副業がばれるのを避ける方法

確定申告書の用紙の2枚目にある

「住民税・事業税に関する事項」という欄のなかに

スポンサーリンク
/ /

住民税の徴収方法の選択という項目がありますから
「給与からの天引き」または「自分で納付」を選択できるようになっています。

 

ここの「自分で納付」にチェックを入れると、
会社には副業の収入に対する住民税の通知はいきません。

 

ただし、自分で住民税を市町村役所に支払うことに
なりますので忘れないようにしましょう。

 

要注意は

市区町村により副業(副収入)の住民税の対応は
異なるため、対策は異なりますし、

 

稀にばれないような配慮をしてくれない市区町村も
ありますから要注意。

 

会社に通知をされたくないという場合は、市区町村役所に

事前に相談に行くことをお勧めします。

 

年間20万円以下の副業は

収入から必要経費を引いたが金額が年間20万円以下で
あれば、確定申告は必要ありません。

 

ただし高額の副業の方は税理士を利用したほうが
無難ですお金がかかりますが、

 

確定申告を怠った場合は法律違反になります
最近は税務署もアフィリエイトに目をつけてます
から。

 

マイナンバーは大丈夫?

マイナンバーが原因で副業が会社にバレる可能性は
限りなく0です。

※重要

マイナンバー制度導入でサイドビジネスが会社にばれるという

記事が雑誌やネット上で出回っていますが、

マイナンバー制度と副業が会社にばれることとは、
直接的には関係しないと考えております。

副業をされている方は、きちんと情報の取捨選択を
行ってください。

「雑誌に載っているから」とか、そういう理由だけで
情報を鵜呑みにしないでください。

ばれないためのコツさえ抑えれば大丈夫です。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者