安井佑医師のプロフィールややまと診療所はどこ!

安井佑(やすい ゆう)先生はやまと診療所の
院長ですが、全ての板橋区民が安心して
家で暮らし続けられるような体制を作りをしてます。

 

それは、国の調査では自宅で亡くなることを希望する人は
7割いるそうで。

 

実際に自宅で最期を迎える人はわずか1割だそうです。

その理由は、在宅医の不足と在宅医療に対する
認知度の低さによるもの。

スポンサードリンク

その課題に取り組み注目を集めているのが

「やまと診療所」の院長の安井先生は、

 

「在宅医療PA」という独自のシステムを構築し
多くの患者に安心して自宅で死を迎えられる
医療サービスを提供している先生なのです。

 

「在宅医療PA」とはなんなの?

 

PA(=Physician Assistant)とは、
国家資格を持つ専門職で、医師監督のもと、

自らの判断で診療を行うことができます。

米国では少人数の医師でも効率よく
医療を提供できるようにするために、
PA制度を採用しています。

 

24時間365日対応で医師の負担は大きいでしょうし、
在宅だと家族も大変な負担がかかると思われます。

 

入院をしないので医療費の抑制にはなりますが、
24時間患者が自宅にいるわけで食事、風呂、

そして下半身のお世話などを継続的にやらなければならないのです。

 

そのデメリットとは家族への負担が増えるということです。

 

在宅医療に切り替えるということは入院を基本的に
しないということになります。

 

在宅医療には病院に出かける手間や時間、入院費用を在宅に

切り替えることで医療費の節約ができる反面、負担は大です。

 

住み慣れた環境での治療を受けられるという点にあります。

 

賛否両論はありますが、安井先生は在宅医療の
在宅患者を支えるプロを育成しているのです。

 

yu_yasui2-e1456133372458

画像:https://career.m3.com/contents/lab/yu_yasui.html

スポンサードリンク

安井佑(やすい ゆう)先生プロフィール

やまと診療所 院長

誕生:1980年 東京生まれ 神奈川県横浜市、イギリス、東京都板橋区、アメリカなどで育つ。

学歴:2005年 東京大学医学部卒業

職業:

2005年4月 千葉県旭中央病院 初期臨床研修、
形成外科

2007年9月~2009年3月

NPO法人ジャパンハートに所属し、ミャンマーにて
臨床医療

巨大サイクロン襲来時には現地にて災害支援活動を
展開

2009年4月 杏林大学病院 形成外科

2011年4月 東京西徳洲会病院 形成外科

2013年4月 やまと在宅診療所高島平
(東京都板橋区高島平)

2016年8月に東京都板橋区東新町に移転

日本形成外科学会に所属

 

経歴:

安井佑先生は高校2年生のときに父親をがんで
亡くしており、

父親の勤務のため中学3年生のときからアメリカに
住んでいたのですが、父にがんが見つかり、
日本に帰って治療。

その時に感じた医療の矛盾を感じまた、自分の大事な人が病気になり亡くなったことが

医師を目指したきっかけです。

東京大学医学部在籍中はスポーツが好きで
医学部のサッカー部と全学の少林寺拳法部にも入っていた。

趣味で。スノーボードのサークルにも入って
いた。

アルバイトは塾の講師、スタジオを設営する仕事、、マクドナルドでも働いていたそうです。

やまと診療所の場所は?

住所:

〒174-0074
東京都板橋区東新町1-26-14

医療設備:ポータブルエコーなど

スタッフ:30人(院長、常勤医師4人、非常勤医師5人、常勤PA12人、常勤総合事務3人、常勤医療事務1人、マネジメントスタッフ2人、地域連携部にケアマネージャー1人、PA1人)

URL http://yamato-clinic.org/

最後に

あなたは、人生の“最期”をどこで迎えたいですか?
では7割が自宅で最期を迎えたい結果が出てますが、

親戚でもおりましたが大変で仕事もやめ
最後まで努めましたが、疲れきっておりました。

あなたはどちらを選びますか?

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者