宮崎市ストリートピアノの場所や寄贈はだれ?ドキュメント72時間

NHK「ドキュメント72時間」に
宮崎市ストリートピアノが登場。

 

このストリートピアノが置かれている場所は
宮崎市橘通3丁目の西側バス停前の
「みやざきアートセンター」。

スポンサードリンク

建物の1階にあるスペースは、「太陽の広場」と
呼ばれているのですが、

 

その一角に、青くペイントされ街の景色のイラストが描かれた、

1台のピアノが置かれています。

そのピアノの写真はこちら

02_StreetPiano

このストリートピアノは誰でも自由に弾くことが
できるようになっていますので挑戦してみては。

 

自由に開いていると誰でも弾くことができます
一指し指でも大丈夫です。

 

しかしこのピアノは誰かが寄付でもしたんでしょうか。

正体のピアノは、中心市街地にあるこの広場を、
行き交う人々が集うことのできる

 

新たなスポットにしようと、地元商店街や大学、
NPO法人の関係者らが結成した実行委員会が、

 

廃棄されていたピアノを蘇らせ、
2013年9月28日からここに
設置したものなのですね。

 

廃棄されていたピアノもここまで復活し
息を吹き返したのはピアノも喜んでいるでしょう。

 

情報を集めましたら

「太陽の広場」のストリートピアノ前で
取材が行われたのは、2016年の年末、
12月8日(木)から11日(日)にかけておこなったそうです。

スポンサードリンク

 

宮崎市ではこのストリートピアノが、
NHKの人気番組「ドキュメント72時間」の舞台で

 

その場所で見られる人間模様を定点観測するという
ドキュメンタリー番組が話題になってます。

 

2016年の年の瀬、青いストリートピアノの前で、
宮崎市民のどのような人間模様が展開されたのか、

 

街角に響くピアノの旋律には、人々のどのような
思いが込められているのか?

 

ドキュメント72時間「宮崎 路上ピアノが奏でる音は」

【放送日】

1月27日(金) 午後10時50分~11時15分

【再放送日】

2月2日(木) 午前1時00分~1時25分

2月3日(金) 午前11時05分~11時30分

※2日は、一部地域により放送内容が異なります

 

ピアノの調律について?

ピアノは元々、寿命の長い楽器ですが、すべての部品がそうではありません。

何年もほうっておくと思わぬ修理が必要になったり、

部品交換をしなければならなくなったりするものです。

 

ピアノをより良く保つには弾き込んでは調律・調整を繰り返すという事が

大切で、長い目でみれば返って経済的とも言えます。

一般的に家庭では年1回、又は年2回の調律をおすすめ致します。

注意:3年~5年以上調律をされていない場合、ピアノ内部の特に鍵盤奥に

使用されているフェルト材に虫が大量に発生する場合があります。

修理費(3~7万円程度)が高いので注意が必要です。

ピアノを弾いていない時期でも3年以上空けない事を
おすすめします。

※調律時に防虫剤等の予防策をする事が大切です

 

定期調律料金 年1回

アップライトピアノ:10,800円(税込)

グランドピアノ:12,960円(税込)

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者