折り紙「お雛様」の折り方が子どにも超簡単!画像解説

3月3日は桃の節句、雛祭の日ですね。

 

女の子の健やかな成長を願う古来より伝わる
日本の伝統行事のひとつです。

 

本来は旧暦で祝う節句でしたが、現在は
3月3日は桃の節句と位置づけられてます。

スポンサードリンク

そこでお子さんと一緒に雛人形を折り紙で
作ってみよう!

 

心のこもった折り紙で、ひな祭りを盛り上げ
てみませんか。

 

hqdefault

画像:https://www.youtube.com/watch?v=0VDbcEYiOU8

子供と一緒に作れるほど簡単なお雛様の折り方!

用意するのは

折り紙2枚(和柄模様が良いです)

顔書きのマジック(黒・赤)

保育園や幼稚園などでも飾ってありそうな
可愛いお雛様のできあがり。

「ひなまつり」折り紙NO2

子供も簡単に作れるおだいりさまとおひなさ

こんなサイトもありました

スポンサードリンク

おりがみくらぶ 様

 

こちらでは折り紙で作る飾りつけを
まとめていますので、

 

ひな祭り飾りをたくさん作って
華やかな飾りつけをしたい

というのであれば、
ぜひとも参考にしてみてください。

 

●ひしもち

●ひしばこ

●びょうぶ

●ぼんぼり

●たたみ

ちょっと難しいのもありますが、
桃の節句といわれる時期に
遊びの一つとして折り紙で
作ってみてもいいものです。

最後に

三月三日になぜ女児のお節句(節供)でひな祭りをするの

雛人形のルーツは中国渡来の「上巳(じょうし)」の
節句です。

中国では昔3月3日に水辺にて身を清め、
穢れ(けがれ)を祓う習慣がやがて日本にも
伝わつたもので、

桃花節(とうかのせつ)とも言われました。

この‘巳の日祓い’をいつからか三月三日として
行うようになりました。

持統天皇の五年(691年)には上巳を
三月三日としている文献があります。

こうして三月三日にお雛祭りをするのは、
お祓いの行事との関わりの有る事を知る
ことが出来ます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者