山本敏博(電通社長)の経歴や大学は?営業畑で昇格の理由は?

電通は石井直前社長の後任として、
常務執行役員から社長に昇格する

 

山本敏博(やまもと としひろ)氏

 

前社長の石井氏は社長辞任にあわせて、
代表権も返上し、

 

当面は中本祥一・取締役副社長執行役員(66)、
高田佳夫・取締役専務執行役員(61)に
それぞれ代表権を付与し新社長を支える。

スポンサードリンク

23日付で社長執行役員に就任する。

 

取締役以外から社長が就くのは異例。

 

山本氏は3月の株主総会で取締役になる。

 

新卒の女性社員が過労死したことで問題となっていた電通、

また、インターネット広告で不正請求が
96社から請け負った997件、
総額1億円超の門だなどで

 

山本社長は信頼回復に向けて全力で取り組む
しかないでしょうね。

 

 

dentsu_yamamoto

画像:https://www.advertimes.com/20170119/article242895/

山本 敏博(やまもと・としひろ)社長プロフィール

誕生:1959年

出身地:東京都

出身校:慶應義塾大学経済学部卒

就職:

1981年電通入社

スポンサードリンク

2009年コミュニケーション・デザイン・センター長

2010年MCプランニング局長兼務

2011年執行役員

2014年取締役執行役員

2016年常務執行役員

2017年代表取締役 社長

山本社長はは営業畑出身です

その他の経歴

2013年㈱ビーエスフジ取締役(現任)

2016年㈱IPG取締役(現任)

㈱ドフ取締役(現任)

㈱電通デジタル・ホールディングス代表取   締役社長(現任)

㈱D2C取締役(現任)

㈱共同テレビジョン監査役(現任)

 

昇格の理由は?

さっきもかいたのですが電通では
初めてとなる

取締役以外から社長が就くのは異例なのです。

 

それは

2016年11月に社内に設けた「労働環境改革本部」の一員として

改革を進めたことが評価された
そうです。

 

山本社長は

女性新入社員の過労自殺問題を受け、
「労務改革を断行することが私の使命。

2年間で改革を終わらせる」との決意を語った。

電通はすでに深夜残業禁止(午後10時消灯)
などを実施しているが、今年4月をめどに

2年後の目標を定めた改革の工程表を作成し、
進捗(しんちょく)状況などをチェックしながら改革を進める考えを明らかにした。

労務改革について、「表面的では意味がない。
法令順守や社員の健康を守ることが、

仕事の質や業績の向上、最終的には電通の
社会的な存在感の高まりにつながるという
本質的な改革にしたい」と話した。

最後に

山本敏博・社長 58歳

中本祥一・取締役副社長執行役員 66歳

高田佳夫・取締役専務執行役員 61歳

抜擢で社長に就任なったが、今まで
上司と間逆になるわけですから、

やりずらい面もあるでしょうが
天下の電通ですから頑張っていただきたい。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者