井上浩輝(写真家)の経歴や使用カメラと撮影ワークショップツアー

井上浩輝(いのうえひろき)さん写真家が
情熱大陸で紹介されます。

 

井上浩輝さんは北海道でキタキツネを撮り続けている
カメラマンなんです。

 

写真家を志してからわずか5年で
しかも写真の専門学校で学んだ経験は無く
カメラの技術も動物の生態も全て独学だ。

 

そんな井上浩輝さんが話題になってるのか?

スポンサードリンク

作品はSNSの写真投稿サイトから火がつき
瞬く間に注目されるようになったわけです。

 

それだけでは無く、

世界180カ国以上で850万人の定期購読者がいる、
アメリカの歴史ある自然科学雑誌

「ナショナルジオグラフィック」の
2016フォトコンテストネイチャー部門で
日本人初の1位に輝いた。

 

井上浩輝さんの収入は

1位になってからは、彼を取り巻く環境も激変し
現在は、写真展は勿論、トークショーや
広告写真の依頼がひっきりなしに入るようになる。

 

これで収入は入ってくるが、忙しい時もキタキツネを
追っているのです。

 

井上浩輝さんはなんと、体重100キロを超える巨漢を
縮めて車中泊をしキタキツネを追っている。

そんな彼がこの冬撮りたい一枚は、淡いピンクの空のもと、
丘の稜線を行くキツネだ。

気温マイナス10度の中、頭の中でイメージを膨らませながら
キタキツネが現れるのをじっと待つ。

中々出会えないときはシカやヒグマ、ワシなどの野生動物が
生息する知床半島へ気分転換の遠征をしながらも、
やっぱりキタキツネにこだわり続ける。

キャプチャ

写真は、ナショジオ」のフォトコンテストでNature部門の
第一位に輝いた作品です。

 

 

C4eLmy_WcAAeFdJ

画像:https://twitter.com/i/web/status/83078615950886502…

井上浩輝(いのうえひろき)さんプロフィール

職業:写真家 オフィスイノウエ

スポンサードリンク

誕生:1979年 38歳

出身地:北海道札幌市

出身校:札幌南高等学校 1997年卒業

    新潟大学法学部 2005年卒業

家族:兄弟4人

 

北海道札幌市で4人兄弟の長男として生まれてます、
札幌南高等学校を卒業し、

 

医師を志すも医学部受験に失敗し新潟大学法学部へ進学。
弁護士を目指したが挫折し、

 

北海道でキタキツネを中心に動物写真の撮影を開始。

 

井上浩輝さん使用カメラは?

Panasonic LUMIX FZH1 (also called: FZ2500 or FZ2000)

同カメラ(11月中旬発売)

Panasonic LUMIX FZH1

 

●新光学性能

高画質・高性能ハイブリッドレンズで、写真も動画も
ワンランク上の作品表現が可能に。

●高画質

新レンズ・大型イメージセンサー・ヴィーナスエンジンが描き出す、精細感溢れる描写力。

●動画

プロフェッショナルな映像制作に相応しい光学性能と動画性能。

●4K PHOTO

一瞬の躍動感を、一枚の感動的な作品に。

●デザイン/操作性

機能美と操作性を兼ね備えた、こだわりの上質デザイン。

●機動性/高速性能

撮りたい一瞬を確実に捉える、高速レスポンス。

●多彩な撮影・再生機能

多様な機能で、撮る喜びと楽しさを。

●クリエイティブ

クリエイティビティを刺激する、多彩な表現効果

●拡張性/連携機能

優れたシステムの拡張性が、表現の幅を広げる

 

プライベート撮影ワークショップツアー

料金について

3hours: 20,000円(消費税込)

1Day: 50,000円(消費税込)

※詳細はこちらから

 

最後に

自然を撮るカメラマンは大変ですよね、自然が相手
なので1日~2日では無理でしょうから、

その一瞬のために張り付いているのですから、
井上浩輝さんは終われば大好きな

ラーメン食べるそうです。

1週間~2週間かかるかもしれませんが

ご褒美のラーメンはさぞおいしいでしょうめ。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者