小澤竹俊医師は在宅ホスピスの専門医!nhkプロフェッショナルに!

小澤 竹俊(おざわ たけとし)医師は、
神奈川県横浜市瀬谷区でめぐみ在宅クリニック
を開業しています。

 

小澤竹俊医師は在宅ホスピスの専門医ですが、
在宅を中心に緩和ケアおよび看取りをされている。

 

いままで2800人を看取ってきた

スポンサードリンク

在宅ホスピスとは?

毎期ガンの患者さんを苦痛や不安から和らげる、
残された日々を人間としての尊厳を保ちながら
、心身ともに安楽に過ごすことができるように
するためのケアである。

たたし 患者と家族の理解と同意をもっとも
重視するとなっています。

小澤先生は1年間で200人以上も看取られて
います。

小澤先生に「緩和ケア」の定義とは

一般的に「緩和ケア」とは、
「痛み止めをする医療」と考えられています。

ホスピスの主要な利用者である末期ガン
患者さんの多くは、

強い痛みに苦しみますので、モルヒネなどを
使う事によって、人間的生活を営む支援をします。

しかし、常に人の死と向き合っていらっしゃる
小澤先生は、

「緩和ケア」を

【解決が困難な苦しみを持ちながら、
人が今を生きるための援助】

と定義されます。

つまり、

死ぬためではなく、今を生きるために、
どうやって苦しみや悲しみと向き合うか。

 

m_1

スポンサードリンク

画像:http://www.megumizaitaku.jp/about/director/profile…

小澤 竹俊(おざわ たけとし)先生プロフィール

めぐみ在宅クリニック(在宅療養支援診療所)院長

誕生日:1963年1月29日

出身地:東京都

出身校:1987年東京慈恵会医科大学医学部医学科を卒業

1991年山形大学大学院医学専攻博士課程卒

勤務:1991年~93年まで、山形県立中央病院救命救急センター

1993年~1994年山形県西置賜郡白鷹町立病院内科勤務

1994年横浜甦生病院ホスピス勤務

1996年よりホスピス病棟長に就任

2006年10月にめぐみ在宅クリニックを開設

著書

  • 苦しみの中でも幸せは見つかる
  • 13歳からのいのちの授業
  • いのちはなぜ大切なのか
  • 苦しむ患者から逃げない 実践スピリチュアルケア
  • 小澤竹俊の緩和ケア読本
  • 今日が人生最後の日だと思って生きなさい
  • 2800人を看取った医師が教える 人生の意味が見つかるノート

小澤竹俊先生の宗教や講演会

小澤竹俊先生はクリスチャンなのですが、
高校時代に、マザーテレサの活動におおきな
影響を受け、

 

28才で受洗され(@山形南部教会)ている。

現在は医師として活動しながら、講演会も開いていらっしゃいます。

「いのちの授業」と題して小学校や中学、そして高校で講演もしています。

最後に

もし、今日が人生最後の日だとしたら

貴重な1日で何をするか、やっぱり家族と過ごす
でしょうね。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者