千鳥ヶ淵 桜2017見ごろやライトアップとアクセスや混雑は?

東京都千代田区千鳥ヶ淵(ちどりがふち)の
桜は皇居の西側に位置するこのお堀は両脇に桜を
携えており。

 

開花期間中は千鳥ヶ淵沿いの千鳥ヶ淵緑道
(ちどりがふちりょくどう)では
夜になると桜のライトアップが行われる。

 

その千鳥ヶ淵緑道内にはボート場が設けられていて、
お堀でボートを楽しむことができます。

 

700mの遊歩道には約260本の桜の木があり、
都内有数の桜の名所として知られている。

スポンサードリンク

千鳥ヶ淵の桜の見頃と開花状況は?

見頃時期:3月下旬~4月上旬

 

桜の種類:ソメイヨシノ、オオシマザクラなど
約260本

 

最近は気候も変わってきています、早かったり
遅かったりで桜が散った頃に屋台が出てたり
します。

 

天気予報などで桜の開花状況をこまめにチェック
が必要です。

 

桜のトンネルのように花枝が頭上に咲きこぼれ
人気のお花見スポットです。

 

_DSC7102

画像:http://kozy06.blog.so-net.ne.jp/2013-03-24

ライトアップはいつから?

 

2017年3月24日(金)~4月9日(日) 予定

時間は18:00~22:00

※開花状況によっては日程がずれる可能性もあり

 

ボートで桜を見る方は

お堀の水面上より桜を楽しむのは、また違った
目線なので違った桜を楽しめます。

 

ライトアップ期間中の営業時間

時間:9:30~20:00 ※乗船券の販売は19:30まで

料金:30分 800円

夜は人気がありますので待ち時間は約2時間は
覚悟してください。

交通

東京メトロ半蔵門線・東西線・都営新宿線九段下駅から徒歩約5分

東京メトロ半蔵門線半蔵門駅から徒歩約5分

スポンサードリンク

千鳥ヶ淵の混雑は?

千鳥ヶ淵の例年の混雑は、見ごろを迎える時期
で約100万人だそうです。

 

想像がつきませんが、700mの遊歩道は
ライトアップ期間中は、この遊歩道を
桜を中央にして、左側の一方通行になります。

 

皆さんスマホ等で撮影などしますので、
ぶつかったりしますので注意してください。

 

あまりの混雑した場合は交通規制されます。

 

特に土曜・日曜の昼頃には、千鳥ヶ淵緑道入り口から九段下駅まで、

入場待ちの長い行列ができる
余裕をもってお出かけください。

ゆっくりとお花見は北の丸公園や靖国神社は?

千鳥ヶ淵緑道は通り抜けのみで、
シート類を敷いてお花見をすることはできません。

お年寄りやお子様がいらしゃるのでしたら、
シートを敷いてゆっくりとお花見が楽しめます。

■靖国神社

靖国神社はソメイヨシノやヤマザクラ400本が
あります。

期間と時間は?

期間

3月25日(土)~4月3日(月)見込み

時間

10時頃~22時まで

屋台の数は約200台。

二の鳥居から大村益次郎の銅像までの間に並びます。

*まつりが終わると「境内での宴会は禁止します」と看板が出ます。

公式サイト

http://www.yasukuni.or.jp/news.php

■北の丸公園

ソメイヨシノ約200本の桜が植えられています。

この桜を北の丸公園側石垣からも見ることが
できます。

期間と時間は?

期間

3月下旬~4月上旬

時間

常時開放(22:00消灯)

夜桜

ライトアップなし

売店数

1店舗

【お問合せ】

TEL:03-3211-7878 北の丸公園

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者