六義園のしだれ桜の見ごろとアクセスやライトアップと料金は?

六義園(りくぎえん)のしだれ桜は東京都文京区に
ある日本庭園です。

 

また国の特別名勝にも指定されております。

日本庭園は一年を通じて自然を楽しめる散策スポットでもあり楽しめます。

 

なかでも庭園の中心部にある一本桜のしだれ桜が
有名で高さ15メートル幅20メートルを超え、

満開時には薄紅色の花が流れる滝のように咲く姿は
見る価値だいです。

スポンサードリンク

そして桜の開花時期にはライトアップも行なわれ
夜桜も楽しめます、日中とは違った雰囲気もおすすめです。

 

六義園は元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられ た駒込の地に、

7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げたのです。

 

画像:https://hanami.walkerplus.com/detail/ar0313e26443/

六義園の名前の由来は

中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、
すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、
紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来されて
いる。

 

明治時代には岩崎弥太郎氏(三菱創設者)の所有
でしたが、昭和13年に東京市に寄付されて一般公開されることになった。

 

六義園のしだれ桜の見ごろは

3月中旬~4月中旬

シダレザクラは3月中旬~4月上旬

さくらの本数

約40本(ソメイヨシノ、シダレザクラ)

ライトアップ

日没~21:00(3月16日~4月2日)予定

(ライトアップ期間中は「染井門」も開門)

気候により変更になる場合があります。

スポンサードリンク

営業時間

9:00~17:00(入園は~16:30)

ライトアップ期間中は
9:00~21:00(入園は~20:30)

休業

期間中無休

例年の人出 約20万人

 

アクセスや料金は

場所
東京都文京区本駒込6-16-3

電車の場合

JR山手線駒込駅から 徒歩7分

東京メトロ南北線駒込駅から 徒歩7分

都営地下鉄三田線千石駅から 徒歩10分

●駐車場はありません

入園料

大人(中学生以上)300円・

65歳以上150円

(小学生以下・都内在住在学の中学生は無料)。

【20名以上の団体】

一般    240円

65歳以上 120円

※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または

療育手帳持参の方と付添の方は無料

【六義園のみ年間パスポート】

一般   1,200円

65歳以上 600円

※無料公開日:みどりの日(5月4日)、
都民の日(10月1日)

詳しいお問合せは

六義園サービスセンター(TEL:03-3941-2222)

または東京都公園協会サイトでご確認ください。

https://www.tokyo-park.or.jp/profile/

 

混雑状況

六義園でも桜の時期になりますと、どこも
同じですが混雑が予想されます。

特に金・土・連休のライトアップ時は
混雑しますチケット購入だけで1時間~2時間
まちあります。

例年なのですが平日が一番良いですが
仕事の関係で行けない方は

覚悟を決めて行きましょう、

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者