名古屋城の桜祭りの見頃とライトアップとフアミリーの穴場は?

名古屋城(なごやじょう)の桜は名古屋市で
最も代表的な観光スポットです。

 

名古屋城の桜は徳川家康が築いた城で日本三名城と
言われております。

 

金シャチが輝き春になると城内に約1000本の桜が
豪華に咲き競うのです。

 

珍しい「御衣黄」(ギョイコウ)は、他の桜より開花が遅めで
、4月中旬から5月上旬が見頃。

 

江戸時代に、京都の仁和寺で栽培されたのがはじまりと
言われている。

スポンサーリンク
/ /

「御衣黄」という名前は江戸時代中期から見られ
その由来は貴族の衣服の萌黄色に近いため。

 

かつては秋田県東由利町の町花でもありますた。

花期はソメイヨシノより遅く4月の下旬頃までさきます。

 

画像:https://jouhou.nagoya/meijou_sakuramatsuri/

桜の見頃は

3月下旬~5月上旬

さくらの本数

約1000本(ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラなど約10種)

ライトアップ

日没~20:00(2017年3月下旬~4月上旬)

例年の人出 約40万人

名古屋城のイベント

●3月下旬~5月上旬 名古屋城春の陣

 

名古屋城のアクセスと駐車場は

場所

愛知県名古屋市中区本丸1-1

営業時間

9:00~16:30
(ライトアップ期間中は夜間延長期間あり)

休業:期間中無休

名古屋城のアクセス

電車の場合

地下鉄市役所駅から徒歩5分

車の場合

名古屋高速都心環状線丸の内出口から車ですぐ

駐車場(有料)

520台 30分180円

名古屋のフアミリーの穴場は?

お花見はどこも混雑するのが当たり前ですが、
お年寄りやお子さんがいらっしゃれば疲れます。

スポンサーリンク
/ /

 

ゆっくり桜鑑賞したければ、名古屋城に隣接する
名城公園が穴場です。

 

桜の花見では名城公園が穴場!

住所:愛知県名古屋市北区名城1丁目2-25

見頃:3月下旬~4月上旬

見所:広々としたの総合公園に咲き誇る800本の桜

花見の時間:終日開放

料金:無料

こちらは総合公園ですがソメイヨシノ、
シダレザクラ、ヤマザクラを中心に

800本もの桜が咲き誇る名城公園です。

名城公園では広々とした敷地の中で
芝生広場や植林池などを散策したり
露店に寄りながらお花見を楽しめる穴場スポットです。

 

名城公園のアクセス

電車の場合

地下鉄名城線 「名城公園」②番出入口より徒歩3分

車の場合

名城公園正門前駐車場

収容台数:319台

営業時間:8:45‐21:30

料金(有料):普通車 30分毎¥180

●名城公園の周辺道路には

平日8~11時以外で路上駐車が

出来る場所があります。

 

公園の右側の通り(大津通り)周辺
が路上駐車可能です。

ただし早いもの勝ちとなります。

 

桜の花見では平和公園が穴場!

住所:愛知県名古屋市千種区平和公園3-3801

桜の見頃は

3月下旬~4月上旬

さくらの本数

約2300本(ソメイヨシノ、ヤマザクラ)

アクセス
地下鉄東山公園駅から徒歩30分

入園:無料

休館日: 無休

平和公園のアクセス

電車・バスの場合

地下鉄東山線星ヶ丘駅から市バス平和公園下車

車の場合

駐車:230台

駐車場料金:無料

公園内の道路に路中もありだし、公園内の駐車場も鎖を
はることは無いと思います。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者