兼六園2017桜見頃と入園無料やトライトアップは?限定ランチ?

兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市にある日本庭園である。

また岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の一つに数えられている。

 

ソメイヨシノが見頃を迎える1週間程度は兼六園の
入園料が無料で夜にはライトアップも開催されます。

 

兼六園の桜の見所は曲水が流れる花見橋,千歳橋近辺と瓢池近辺が最高の場所です。

桜もソメイヨシノや旭桜や菊桜や熊谷桜など桜の
名木もあります。

スポンサードリンク

兼六園の桜は約40種類、420本ほどもあるが
その中でも

「兼六園菊桜(けんろくえん きくざくら)」。

この桜は一般的に菊桜の花弁は150枚から200枚なのに
「兼六園菊桜」は花弁が250枚から400枚近くもあり、
日本で最も花弁の多い、珍しい品種なのです。

 

初代の「兼六園菊桜」は、江戸時代に前田家が京都御所から賜ったと

伝えられております。

 

しかし現在の「兼六園菊桜」は2代目になります、
そして昭和42年、初代「兼六園菊桜」が枯死し
、植藤造園で育てられた2代目が兼六園に植えられた。

 

画像:http://phoenixyz.com/kenrokuensakura/

桜の見頃は

4月上旬~4月下旬

さくらの本数

約420本(ヒガンザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約40種)

ライトアップ

日没~21:30(兼六園観桜期無料開園期間中)

例年の人出 約39万人(桜開花期間9日間の人数)

 

兼六園のイベント

桜の見頃期間の1週間(日程は開花宣言後決定)
兼六園観桜期無料開園

兼六園のアクセス

場所

スポンサードリンク

営業時間

7:00~18:00(兼六園観桜期無料開園期間中は~21:30)

お問い合わせ先

石川県金沢城・兼六園管理事務所

〒920-0937 金沢市丸の内1-1

TEL:076-234-3800 FAX:076-234-5292

ホームページ:http://pref.ishikawa.jp/siro-niwa/

休業:無休

アクセス

電車・バスの場合

JR金沢駅から北陸鉄道バス東部車庫行きで15分、
兼六園下下車、徒歩3分

車の場合

北陸自動車道金沢西ICから県道25号を経由し、国道157号を兼六園方面へ車で7km

北陸自動車道金沢東ICから国道359号を兼六園方面へ車
で6km

駐車場(有料)

台数:554台

料金:1時間350円

兼六園の桜と春限定ランチ・スイーツ

園内の茶店では5月31日まで春限定メニューがあります、

「兼六園のお昼ごはん」として、

兼六亭の「たまひめ定食」(2,000円)、

万清亭の「じぶ煮定食」(1,200円)など

「兼六園は甘味時」では、

茶屋見城亭の「金箔桜パフェ」、

城山亭の「ぜんざい」(各600円)など

桜を見ながらのランチやスイーツも
一味違いますよ。

宿泊サイト

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者