山中伸弥の家族や妻は娘の職業は何?iPS細胞のiが小文字の訳

山中 伸弥( やまなか しんや)教授は皆さんが
ご存知の2007年、ヒトの皮膚の細胞から、

 

体のさまざまな組織や臓器になる「iPS細胞」を作り出すことに、
世界で初めて成功しました。

 

2012年のノーベル生理学・医学賞受賞しましたね。

 

山中 伸弥教授のプロフィールや妻の知佳さんや子供の
職業、うつ病の理由など調べてみました。

 

画像:https://matome.naver.jp/odai/2141939113194695501/2…

山中 伸弥(やまなか しんや)教授プロフィール

誕生日:1962年9月4日  54歳

出身地:大阪府枚岡市(現在の東大阪市)

出身校:神戸大学医学部卒業

大阪市立大学大学院
医学研究科博士課程修了

職業:京都大学iPS細胞研究所所長・教授

カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン
研究所上席研究員

称号:

京都市名誉市民、東大阪市名誉市民、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授、広島大学特別栄誉教授、ロックフェラー大学名誉博士、香港大学名誉博士、香港中文大学名誉博士

趣味:マラソン・音楽鑑賞・ギター・ベース・読書・ゲーム

スポンサーリンク
/ /

山中伸弥教授の家族や妻に娘の職業は

研究を続けてこられたのは家族の支えが
あったからだと語りました。

 

画像:http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61554937.html

妻の山中知佳さん(旧姓 今村)

中学高校の同級生であり同じ医学の道に進み、
大学卒業後に結婚しました。

 

結婚は大学卒業後の研修医時代の1987年に、
大学の研修医は給料が安いはずですね。

 

研修医の年収、推定265万円~450万円

お給料(月収):約10万円~30万円

 

研修医というのは、医大を卒業したあと、医師になる
前の研修を積む段階の人のことを言います。

 

関連する法律が制定されていなかったために、
月額5万円以下という研修医もあったようですよ。

 

現在は新・臨床研修制度がスタートした2004年には
平均年収は365万円になったそうです。

 

1987年ですとだいたいの給料がわかりますね。

スポンサーリンク
/ /

 

山中知佳さんの父は大阪市内に個人病院を開業して
いる医師でした。

 

知佳さんは英語が得意で中学の時には英語
クラブの部長を務めていたそうです。

 

そして全国英語弁論大会に大阪代表で出場している、
スゴイ才能の方です。

 

現在は関西医科大学を卒業して皮膚科の先生で
大阪回生病院の勤務医を経て、

 

現在は大阪市にあるウヤマ・イマムラ医院で
働いている情報があります。

 

お子さんは2人の娘さんで医学生として夫婦と
同じ医師の道を歩んでいます。

 

大学は分かりませんがネットでは関西医科大学
とありますが確証はありません。

 

しかし優秀な2人の遺伝子で頭は良いでしょうね
羨ましいですね。

 

山中 伸弥教授のうつ病の原因は?

山中教授は、研究者が持つ一般的なイメージとは正反対の体育会系の人で、

中学、高校の時は柔道、大学では
ラグビーをしていました。

 

うつ病には縁が無いようなイメージでしたが、
家族の事情で日本へ帰国、日本の医学界に戻り、

大阪市立大学薬理学教室助手に就任したのですが、
アメリカの研究環境と日本の研究環境の違いに苦悩することに、

日本ではネズミの管理に忙殺されてたようです。

 

山中教授の研究は、すぐに役立つ薬の研究をしなかったために、

周囲の理解が得られませんでした。

 

批判される毎日が続き、毎日朝起きたくない状態、
半分うつ状態で研究者を辞める一歩手前までいった
そうです。

 

そん山中教授を救ったのは、
偶然起こった2つの出来事だったようです。

☆1998年アメリカのジェイミー・トムソンという人が

人間のES細胞を作るのに成功。

「再生医療」の切り札になるとして一気に期待が集まる。

 

☆奈良県にある先端科学技術大学院大学というところに採用が決まり、

研究室を持てたこと。

待遇は助教授だったようですが、上に教授がいないということで

「自分の研究室」が持てたこと。

 

偶然がなければ今の山中教授はいなかったことでしょう。

 

iPS細胞のiだけ小文字表記なのはなぜ?

このiPS細胞の頭文字の「i」が小文字になった理由に「iPod」が

関係していた事が明らかに

iPS細胞は「Induced pluripotent stem cells」の略であり、

頭文字の「i」だけが小文字になった理由は、

 

山中教授が流行りの「iPod」にあやかって広く普及して欲しいとの

遊び心から小文字になったそうです。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者