あさり5分で砂抜きする裏ワザとは画像あり?味はどうなの?

潮干狩り(しおひがり)の時期は春から夏一番
にぎわいますがGWで計画立てている方も
多いと思われます。

 

面白くてたくさんとれたが、とった貝はすぐには
食べられませんね。

 

そうです貝は体内に砂を吸い込んでおり、砂を吐かせる必要があるので、
持ち帰って調理することが一般的です。

スポンサーリンク
/ /

しかしせっかく採って食べられないのはこまります、
そこで5分で砂抜きする裏技と普通の砂抜きや
味の違いなど調べてみました。

関連サイト

あさり の保存方法は冷蔵・冷凍の賞味期限が気になる!

 

画像:https://www.m-mart.co.jp/search/cate_sub.php?cate=…

5分で砂抜き 「50度洗い」とは?

1.ボウルに水と沸騰したお湯をそれぞれ500ミリリットルずつ入れて、

50度のお湯を作ります。

※60度になるとあさりが死んでしまうので注意!

2・50度のお湯にあさりを入れ、3分ほど待ちます。

3・すべてのあさりの口が少し開いたら、ボウルの中で、あさりをこすり合わせるように1分ほど洗います。身や殻についていた砂や汚れが出てきます。

4・お湯からあさりを取り出し、水できれいに洗います。

これで終了です。

 

100%砂抜きできませんが、たまに砂が入っている
貝もあります。

 

50度の砂抜きはどうしてできるの?

あさりの砂は体内ではなく、殻や実の表面に付いている
ものなのです。

したがって50度は貝も死なないで実を膨らませる為、

砂や汚れが体外に押し出されるのです。

 

NHK放送「あさイチ」では慶應義塾大学・共同研究員・
鈴木隆一先生の味覚検査しましたら、

 

料理人の味に敏感な職業の方は違いがわかるそうです、
したがって私たちはおいしく食べられるそうです。

スポンサーリンク
/ /

 

 

 

 

正規のあさりの砂抜きのやり方

①砂抜きをするのに必要なのが『海水程度の塩水』です。

目安として水300mlに対して9~10gの塩を準備してください

(これで約3%)。

※海水の塩分はおよそ3.5%くらいなので、それと同じ3~3.5%くらいの

塩水を作ってあげます。

※また塩分が濃いすぎますと、あさりは良く砂を
吐き出さない。

●潮干狩りのものなら一晩ほど塩水につけておく

●スーパーで買ったものなら最低2~3時間

がめやすです。

 

②あさりをバットに入れてみて、あさりを重ならないように並べたら、

頭が少し出るくらいのひたひたの分量にしてください。

 

※ボウルやタッパーでも砂出しはできますが、そのときも塩水を

ひたひたにしてあげるとよいです。

 

※あさりを重ねすぎてしまうと、上のあさりが砂を吐き出しても

下のあさりがとそれを吸い込むことがある
とのこと、平たいパットが適してます。

 

※1日以上置く場合は、一度塩水を取り替えて下さい。

③あさりの砂抜きの保存方法は『冷暗所』が適している。

新聞紙を上にかぶせてラップをし、冷蔵庫か冷暗所
(室内)で保存します。

 

※室温の高いときは必ず冷蔵庫、寒い時期は特に冷蔵庫に入れなくても良い。

寒いと逆に砂抜きしませんから、あまり砂が出てないようでしたら冷蔵庫から

1時間くらい前にだしてください。

 

新聞は光を遮断するとともに、あさりが勢いよく吐き出した塩水が外に

飛び散るのを防いでくれます。

 

④砂抜きが終わりましたら、水で貝の汚れを取って
終わりです。

 

最後に

潮干狩りの砂抜きですが、一番良いのは
採ったところの海水が一番なのですが、

場所によっては砂抜き用の海水が用意されている
場合がほとんどです。

荷物にはなりますが砂抜きは最適です。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者