さくらんぼ冷凍保存方法2選で長い期間食べるために!

さくらんぼ狩りの時期がきました
5月下旬~6月下旬に佐藤錦などさまざまな品種の
さくらんぼ狩りを行っています。

 

さくらんぼの種類も佐藤錦、紅秀峰、正光錦、高砂など、
いろいろな品種がありますが、

 

・佐藤錦(サトウニシキ)

・紅秀峰(ベニシュウホウ)

・ナポレオン

・紅さやか

・紅きらり

・高砂

・南陽

スポンサーリンク
/ /

こんなにあったんだと思われますが、
美味しいさくらんぼの見分け方とは?

 

お店などでは

「秀・LL」といえば最上級で値段もはりますね。

 

画像:http://item.rakuten.co.jp/higashine-sakuranbo/c/00…

さくらんぼ狩りの場合の美味しい採り方は

●高い所の実が大きくて味も濃いとされています。
そして色が濃く・つや・張りのあるものを選びましょう。

 

特に南陽は大玉で果肉も厚く、薄紅色の綺麗な色で人気の品種ですよ。

一番品種で多いのは「佐藤錦」です。

 

さくらんぼ冷凍保存方法

美味しいのでつい採り過ぎで食べきれない
ことはありませんが、

 

新鮮な内に食べるのが一番なんですが、
こんな時は冷凍保存って方法をとりましょう。

 

①完熟したさくらんぼを選ぶのが良い、
糖度が高いため美味しく食べられます。

 

②水洗いして表面の水分をふき取る
そしてフリーザーバッグなどに入れて冷凍します。

スポンサーリンク
/ /

注意はさくらんぼの水分はキチンとふき取りましょう。

③冷凍保存すれは1~2ヶ月は持ちます

④冷凍したさくらんぼは解凍してしまうと食感落ちてしまいます。

 

オススメの解凍方法は自然もしくは流水解凍です。

こうすると比較的美味しく食べることができますよ。

 

甘味を保ったまま冷凍する方法

甘味を保ったまま冷凍する方法が
カルピスの原液をつかう。

 

①小分けできる大きさのタッパを使用します、
100円ショップである製氷機でも良いです。

 

②さくらんぼを洗って水分を綺麗に拭き取ります。

③タッパにさくらんぼを入れカルピスの原液を注ぎましょう。

 

※大きいタッパですとカルピスが多く必要になりますので、

食べる分くらいの大きさが良いです。

④カルピスは冷凍しても柔らかいので綺麗に実を外すことができ、

残ったカルピスは飲んでくださいね。

さくらんぼの賞味期間の目安は

一番おいしいのは朝採って昼に食べるのが
美味しい食べ方ですが、果樹園のかたなら
できますが無理です。

 

常温では半日しか持たないそうですが、
採れたさくらんぼをざるに入れ通気をよくする。

 

濡れタオルやキッチンペーパーを濡らして、
上にかけて水分の蒸発を防ぎます。

 

10度くらいの涼しい場所で常温で置いておくのが
一番です。

 

冷蔵庫で保存する場合は水洗いし新聞紙やキッチンペーパーなどに

くるんで水分の蒸発を防いでから保存してください。

最後に

さくらんぼ狩りでは現地で食べたほうが
一番良いことです。

さくらんぼは温度に敏感ですから試して
見てください。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者