石川誠(リハビリ医療)長嶋茂雄氏の担当医!経歴や大学と場所は?

野球の長嶋茂雄氏のフアンですと石川 誠
(いしかわ まこと)医師を知っていると
思います。

 

2004年(平成16年)脳梗塞で倒れた長嶋茂雄氏で
フアンはビックリしましたね。

 

その時2004年(平成16年)4月のことだ
アテネ五輪を控えた野球日本代表監督。

スポンサードリンク

日本中の関心が高く石川 誠医師も

「失敗は許されない。緊張しました」

といってました。

 

石川 誠医師が43年くらい前は
リハビリ治療医師が東京になかったそうで、

 

リハビリテーション医療は惨憺たる状態で、
制度上の位置付けが弱く、診療報酬も非常に
低く抑えられていた。

 

当時は価値が認められていなかったそうです。

それが変わってきたのは、高齢化が始まって寝たきり患者が増え、

 

病院のベッドがどんどん増えてしまったから、
国としては何とかしなければならず、
その切り札がリハビリテーション医療だったのです。

 

その第1人者が石川 誠医師なのです、
そんな石川医師の経歴や出身大学など
調べて見ました。

 

画像:http://epilogi.dr-10.com/articles/465/

石川 誠(いしかわ まこと)医師の経歴

医療法人社団「輝生会」理事長

誕生:1946年 71歳

出身地:埼玉県生まれ

出身校:1973年群馬大学医学部卒業

職歴:

群馬大学医学部大学医学部脳神経外科研修医。

佐久総合病院脳神経外科医員、

虎の門病院脳神経外科医員、

近森病院リハビリテーション科長を経て、

1989年年近森リハビリテーション病院院長。

2000年医療法人財団新誠会理事長。

2002年輝生会理事長。

2002〜2005年年初台リハビリテーション病院院長。

2008年〜船橋市立リハビリテーション病院指定管理者代表。

2014年〜船橋市リハビリセンター指定管理者代表。

回復期リハビリテーション病棟協会常任理事、

日本訪問リハビリテーション協会相談役、

日本リハビリテーション病院・施設協会顧問、

日本リハビリテーション医学会専門医・代議員。

共著:『高齢者リハビリテーション医療のグランドデザイン』

『夢にかけた男たち─ある地域リハの軌跡』など。

 

石川医師は高校、大学とラグビーに明け暮れた
ラガーマンだったのです。

 

群馬大学医学部大学医学部脳神経外科研修医
だったので脳神経外科医として手術した男性が

 

寝たきりになったのをきっかけに、
リハビリ治療を追求するようになった。

 

「患者が自立して生活できるように」が
第一の目標だったのです。

スポンサードリンク

 

脳外科医からリハビリ医に転身。

 

周囲が冷ややかな目を向ける中、
高知県でリハビリ病院を立ち上げ成功すると、

 

今度は「リハビリ病院の立地は地方の温泉地」
という常識を破り、

東京都心にリハビリ病院を開院。

 

長嶋茂雄氏やイビチャ・オシム氏もリハを行い、
名を上げた。

制度が後付けしてくる医療を行ってきた
リハビリ界の風雲児と言われております。

 

医療法人社団「輝生会」

■初台リハビリテーション病院

住所:渋谷区本町3-53-3

TEL:03-5365-8500

病院サイト

 

長島茂雄監督やイビチャ・オシム監督など著名人が入院リハをしたことでも有名です。

(主治医は回復期リハビリテーション病棟協会常任理事の石川誠先生)入院だけでなく外来リハ、訪問リハも行っています。

 

●アクセス

京王新線「初台駅」東口より徒歩10分

都営地下鉄大江戸線「西新宿五丁目駅」A2出口より徒歩9分

京王バス(64系統・渋谷駅西口11番~中野駅南口)「関東国際高校」下車徒歩1分

■船橋市立リハビリテーション病院

住所:千葉県船橋市夏見台4-26-1

TEL:047-439-1200

病院サイト

 

アクセス

最寄駅

JR船橋駅北口バスターミナル(5)(6)よりバス
医療センター経由に乗車

金杉台団地、鎌ヶ谷大仏、三咲駅、御滝不動より
バス医療センター経由に乗車

・バス停

医療センター前

■お車でお越しの場合

京葉道路 花輪ICより我孫子方面

国道14号 大神宮下交差点より高根台方面へ15分

駐車場併設(80台収容)

最後に

東京には70以上もの回復期リハビリ病院が
存在しますが、

石川 誠医師の医療法人社団「輝生会」の
病院を紹介しました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者