豊田真由子代議士の評判はブラック?更年期でイライラか?

また自民党の二期組みから出てしまいました、
魔の二期なので不思議に思ってます。

 

今回は豊田真由子議員のニュース見たら

こわ~

家の嫁でもそこまではやらないから、私は
幸せなほうなのか?

スポンサードリンク

もうあの凶弾するような音声には目が点に
なりました。

 

6月22日に自民党に離党届をだしましたが、
秘書の方は恐怖だったでしょう。

離党ではなく辞職もあるのではないでしょうか?

 

画像:http://conversation.tokyo/2017/06/22/%E8%B1%8A%E7%…

豊田真由子の評判はブラック?

豊田 真由子(とよた まゆこ)

誕生日:1974年10月10日

出身地:千葉県

出身校:東京大学法学部卒業

ハーバード大学大学院修了

前職:厚生労働省老健局課長補佐

略歴

桜蔭高等学校卒業

東京大学法学部卒業

厚生省入省

ハーバード大学大学院修了

金融庁総務企画局課長補佐

在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官

厚生労働省老健局課長補佐

自由民主党埼玉県第四選挙区支部支部長

第46回衆議院議員総選挙当選(埼玉4区)

第47回衆議院議員総選挙再選(埼玉県第4区)

オリンピック・パラリンピック大臣政務官、
文部科学大臣政務官、復興大臣政務官

 

豊田真由子代議士の評判はブラック?

最凶伝説

豊田真由子は過去に園遊会で事件を起こし、最凶伝説と呼ばれている。

園遊会といえば天皇皇后両陛下が主催し、赤坂御所で行われる催しである。

豊田真由子は招待されていない人物と一緒に会場に入ろうとしたが制止されたことに腹を立てて
「入れなさい」大声で絶叫していたという。

その時の同行者は母親であったそうだが、
係員には旦那だと言い張り、

最後には強引に入場してしまったというのだ。

ネット上ではモンスタークレーマーなど
非難の声が相次いが。

スポンサードリンク

 

2012年の選挙で初当選し、現在2期目を務める自民党の豊田真由子代議士(42)。安倍チルドレンの1人でもある彼女は、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加える、前代未聞の振る舞いをしていた。

豊田代議士の暴行を告発するのは、彼女の事務所で政策秘書を務めていた男性(55)である。殴る蹴るハンガーで叩くといった暴行は断続的に行われ、男性には「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」等の診断書が出されている。

男性は通常国会会期末の6月18日付で秘書を辞したが、

「最初に暴力を振るわれた5月19日、私は彼女から『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』とも告げられていました。言い知れぬ恐怖を覚え、翌日から万が一に備えて車内の様子をICレコーダーで録音することにしたのです」(秘書男性)

「週刊新潮」編集部は、その40分超の音声を入手。そこには、車を運転する男性への、豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠が記録されていた。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170621-00522881-shincho-pol

 

更年期でイライラか?

夫は一般人で分かりませんが、子供は

ジュネーブで長男(7歳)

パリで長女(5歳)

を出産しているそうなので、2人の
子供がいることもわかりました。

 

更年期のイライラ・怒りっぽい

更年期になると、ささいなことでイライラしたり、怒りっぽくなったり、

ちょっとしたことで感情を抑えられなくなったりすることが多くなりがちです。

これは、エストロゲンの分泌量低下によるもの。エストロゲンには体の健康だけでなく、気持ちを安定させる作用もあるため、

分泌量が減ると感情のコントロールがむずかしくなる場合があるのです。

また、40代以降は、自分の体調以外にも、さまざまな負担が重なることが多く、ストレスで緊張しがちになります。

そうした過度の緊張も自律神経のバランスを乱す一因です。

緊張をほぐし、気持ちを安定させるためにも、
リラックス効果のあるセルフケアを取り入れることが有効です。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者