藤井聡太の天才子育て方法は?家庭環境も気になる!

最年少プロ棋士、藤井聡太四段まれな才能で14歳2カ月でプロ入りし、
最年少記録を62年ぶりに更新した。

 

子を持つ親なら誰しもどんな教育をしたか気になります、

生来の負けず嫌いなのは分かりますが、
小学生の頃、谷川浩司九段から指導を受けた際は

 

負けが決定的となり「引き分けにしようか」と
提案されると、盤を抱えるようにして泣き出したという。

スポンサードリンク

 

現在は中高一貫校の名門、名古屋大教育学部附属中に通う優等生でもある。

好きな科目は数学や歴史、地理だそうです。

藤井少年は読書家でもあり、小5の時には
司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読破した。

 

毎日新聞は最初から最後まで目を通し、

家族とさまざまなことを語り合うという。

 

なかなかできないことである、普通でしたら
スマホで興味のある物を見てしまう、

 

年代的にも芸能関係を見ているほうが多いのでは
ないでしょうか?

 

子育て世帯からはため息も出そうだが、どうすれば、

こんな才能豊かな子供が育つのか、

 

画像:https://matome.naver.jp/odai/2149327687625626101

母親の裕子さんは

小4でプロ棋士の養成機関「奨励会」に入ったが、

6連敗して会場を出た途端に大泣きしたことがあった。

 

息子の奮闘を見守ってきた母親の裕子さんは、
私は、聡太の気が済むまで黙って見守るしかありません。

それでも一緒に悲しんでいるつもりなんですが、聡太は

『お母さん、ボクが負けると機嫌悪いよね』って言うんですよ」と息子の心に寄り添い続けたエピソードを明かしている。

専門家に言わせると

現代の親たちは、子供をコントロールしすぎる
傾向にあるそうで、

 

ぐずる子供を親が怒りだまさせることは、
子供が行う自由な発想を閉ざしてしまうことにつながりかねないとのこと。

 

子供たちが表現できずにいる言葉に親が寄り添い
耳を傾けてあげることで子供たちが自ら考える“発想の

スポンサードリンク

伸びしろ”につながっていくそうです。

 

家庭環境も気になる!

2002年、愛知県瀬戸市に生まれ
で父親はサラリーマン、母親は専業主婦です。

 

兄弟は4才年上の兄がおります、家族誰もが
将棋の世界とは無縁なごく普通の一家です。

 

3歳で入った幼稚園が、「モンテッソーリ教育」

取り入れたのが頭脳開発に大いに役立った。

 

モンテッソーリ教育の基本的な考えは
「子どもは生まれつき、自分自身を成長させ、
発達させる力をもっている。

大人は、自由を保証し、自発的な活動を助ける役割を果たすべきだ」というものです。

その教育法は、日常生活の練習、感覚教育、
言語教育、算数教育、文化教育の5分野に分かれ、多くの遊び道具や知能教材を使う特徴がある。

 

また4歳の時に父親が買ってくれた

スイス製のキュボロという木製玩具

【★2018年春以降入荷分予約(代引き不可)】キュボロ(クボロ) スタンダード【送料無料】【Cuboro standeard】

こちらの商品は藤井少年が使っていたことで
現在は在庫がないそうです、

 

クリスマスプレゼントにも間に合わない
そうですから、今から予約しないと
また在庫切れになりかねないとのです。

 

●幼いときから「好きなことはとことん熱中する
タイプ」

●息子を母親は全面的にバックアップ

●負けたら一緒に悲しむ

母親の裕子さんも喜び、そして泣いてきた
その積み重ねが藤井少年を負けず嫌いの
プロ棋士に成長させた。

最後に

子供の性格もあるでしょうが、スポーツ選手
でも3歳か4歳くらいから初めてますし、

負ければおお泣きしていますね、強くなるには
負けず嫌いがいいのでしょう。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者