大前孝太郎(城北信用金庫)プロフィールや大学は?ラブコモンズとは

元官僚で大学准教授と異色の経歴を持ち、型破りな発想と行動力で、
地域を潤す新たな信用金庫のあり方を築き始めている。

 

超低利率ご時世で金融業界に逆風が吹く中、金融の枠を超えたユニークな取り組みを次々と打ち出し、近場の中小企業や住民から絶大な信頼を置かれている。

 

メガバンクとも地銀とも違う独自のサービスで近場の活性化に貢献。

その先駆者が、理事長の大前孝太郎。

スポンサードリンク

東京都北部の赤羽や王子といった庶民的な街を中心に展開する

地元密着の金融組織、城北信用金庫。

 

そんな大前孝太郎理事長のプロフィールや大学や
筒井はじめ氏と発足した「ラブコモンズ」とはなど調べて見ました。

 

画像:https://www.weekly-economist.com/2017/02/07/%E7%B5…

大前孝太郎(おおまえ こうたろう)氏プロフィール

職業:城北信用金庫 理事長

誕生日:1964年2月19日 52歳

出身地:東京都出身

出身校:東京都開成高校

出身大学:慶応義塾大学卒業

就職:1987年住友銀行(現三井住友銀行)入行
1998年内閣官房特別調査員(経済戦略会議担当他)

スポンサードリンク

2001年内閣府参事官補佐

2006年1月より内閣府政策企画調査官
(2009年5月まで)

2006年4月より慶應義塾大学総合政策学部准教授

2009年6月より城北信用金庫 常務理事

2011年 芸術家 筒井はじめと「ラブコモンズ」を結成

「ラブコモンズ」とは

音楽活動の他にも映像制作や絵画制作、プロデュース業展開など、多角的なアート活動を行っている。

ラブコモンズ公式HP

http://lovecommons.jp/index.shtm

 

 

筒井はじめ(つついはじめ)

1990年~1999年にかけ、海外で様々な芸術文化を学び帰国し、

芸術活動を開始する。

 

日本での芸術活動はあらゆる方面から注目を集め、これまでに早乙女太一の

着物製作や箸の老舗メーカー兵左衛門との箸ブランド設立、

大相撲協会軍配デザイン、天皇皇后用の箸デザインを製作するなどしている。

 

日本文化の新しい形を追求し、他にも様々なコラボレーションを展開し、

近代アートの先端を走る芸術家である。

最後に

大前理事長はただお金を貸すのではなく、
地元企業をプロデュースまでてがける。

レストランを開業する時に銀行のライターさんも
参加し取材・写真撮影からポータルサイト上で
プロデュースする。

サービスの利用は無償だそうですよ。

開店までのアドバイスや専門の方がいてサポート
してくれれば助かるでしょう、

また成功して店が繁盛しても銀行との
つながりは強いでしょうから。

スポンサードリンク

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者