吉田智子(脚本家)わろてんかの推定年齢と経歴は?

「わろてんか」の担当脚本家の吉田智子さんってどんな人なのでしょうか?

 

吉本興業を起した芸能プロモーター、吉本せいをモデルにした「わろてんか」
ということで、その脚本を担当した吉田智子さん。

 

しかし、今回の「わろてんか」は、原作なしの
完全オリジナル脚本であるにもかかわらず、

吉田智子さんは「朝から最低3回は笑わせます」と断言しています。

スポンサーリンク
/ /

これは期待がもてます、そこで吉田智子さんを
調べて見ましたが、

 

なんと非公開があり年齢や大学は分かりません。

 

画像:https://twitter.com/yoshidatomotomo

吉田智子(よしだ ともこ)さんプロフィール

職業:脚本家、小説家・日テレ学院シナリオライター講座講師

別名:吉田 実似(よしだみに)

生年月日:不明

出身地:東京都

出身大学:不明

家族:不明

 

大学を卒業後にコピーライターとして広告代理店勤務してます。

その後フリーライター

1998年 日本放送作家協会の創作テレビドラマ大賞で育成奨励賞 を受賞。

「お日様のくれた傘」

応募888篇 かれの受賞です。

スポンサーリンク
/ /

 

1999年の『君といた未来のために 〜I’ll be back〜』(日本テレビ)

で脚本家としてデビューしました。

 

推定年齢は45歳前後

本名は吉田智子さん

 

別名の吉田 実似(よしだみに)さん名義で映画『奇跡のリンゴ』の

脚本を担当されていて、
それ以外では吉田智子さんでされてるようです。

 

2017年の作品は

●連続テレビ小説 わろてんか(2017年 – 2018年、NHK)

●映画 君の膵臓をたべたい(2017年)

浜辺美波、北村匠海、月川翔監督
住野よるのベストセラー小説を実写化したものです。

 

吉田智子脚本NHK朝ドラ「わろてんか」実話をもとにしたオリジナルストーリー

「わろてんか」は、関西弁で”笑ってください”というタイトルの通り、

大阪の”笑い”をテーマにした作品です。

 

吉本興業創業者・吉本せいは、明治後半から第2字世界大戦直後の日本において、

”笑い”でお金を稼ぐビジネスを確立した女興行師。

 

最低3回は笑わせますと断言していますから、
どんなストーリになるか楽しみです。

吉田智子のサイト

http://yoshidatomoko.tumblr.com/

Twitter

https://twitter.com/yoshidatomotomo

 

最後に

吉田智子さんはご自分の作品について

基本、コメディであれ社会派であれサスペンスであれ、心やさしい、

愛のある作品を書いていきたい。

愛のある作品期待大です。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者