皮膚ガスの原因と対策は魚介類を食べる?NTTドコモも参入!

皮膚ガスの臭気で営業やデートで嫌われる、

ニオイの原因は皮膚ガスにあった、その原因は
夏にたまった疲労が原因で秋に出てくる。

どんな臭いがするの?

①アルコールは「特有の刺激的で青くさい臭い」

体内に吸収されたアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドに分解され
て血液中のアセトアルデヒドが皮膚から放出されることで匂う。

スポンサーリンク
/ /

②筋肉が疲労は「尿の臭いに代表される刺激臭」

筋肉が疲労すれば、乳酸とともにアンモニアが作り出され乳酸は体内にとどまるが

、アンモニアは気化して体外に出ていく匂い。

③食事制限によるダイエットは「ツンと鼻に刺さって喉が渇くような臭い」

食事制限によるダイエットなどで脂質の代謝が進むと、体内で急増するのがアセトンで、

マニキュアの除光液の主成分と同じで匂う。

 

皮膚ガスの原因は?

●皮膚ガスは3つの原因があるとされてます。

・血液由来

血中の成分が揮発して直接皮膚から放散する経路。

・皮膚線由来

汗腺や脂腺など皮膚腺を通じて放散する経路。

・表面反応由来

汗や皮脂の成分が常在菌や過酸化物の作用によって揮発性化合物に変化し、

皮膚表面から放散される経路。

皮脂などに菌が付いて匂いが発生する。

 

皮膚ガスの対策は

対策方法は

スポンサーリンク
/ /

・よく洗う
・汗を拭く
・脂っこい食事は控える
・疲労を溜めない
・過度なダイエットはしない

皮膚の表面を石鹸で洗う実験を行ったところ、ジアセチルの量が

大幅に減ることが分かった。

風呂に入って清潔にという基本。

 

外出時は、市販の汗ふきシートで拭き取れば
防げます。

 

後頭部やうなじの付近、胸や背中などの体幹部
これらを重点的にケアすることで、他人からヒンシュクを買わなくてもすむ。

 

オフィスでは、発生源までの距離が25cm未満になると

臭いを感じるそうです。

 

距離を保っていても、体内から発せられた皮膚ガスは上昇気流に乗っているので、

体臭が強い人の頭上に顔を向けるのは避けた方が無難だそうです。

 

皮膚ガスの対策は魚介類を食べる?

魚介類で体臭予防ができる、
体臭の原因になりやすい食べ物は
避けるよう心がけましょう。

 

・動物性たんぱく質(肉)

・乳製品

・極端に辛いもの

・臭いの強い食べ物

■魚介類や緑黄色野菜は

(ビタミンEが多い食材はニオイの原因
となる脂肪酸の酸化を防ぐ)

・レモンや酢、梅干し
(クエン酸がアンモニアを分解する)

・りんご、緑茶、赤ワイン、納豆など
(ポリフェノールが消臭効果に効果的)

肉類を減らして魚介類を積極的にとりましょう

最後に

NTTドコモでは足裏からの皮膚ガスで健康管理
ができる装置を開発しました。

今後、実証実験を通じて健康管理機器としての有用性を確認する、

実用化に向けた実証実験を国内外で進めているそうです。

スポンサーリンク
/ /
スポンサーリンク
/ /
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

忍者