カフェ香咲(カサ)ホットケーキにマツコ絶賛!お店の場所と口コミは?

カフェ香咲(カサ)はマツコの知らない世界で紹介されたお店ですね、

今回はマツコ・デラックスさんが夜の街を気の向くまま「徘徊」
する予測不可能な番組に、

青山キラー通り徘徊中、一本入った裏道にある喫茶店で足を止めるマツコ。

スポンサーリンク

「ここのホットケーキが一番美味しい!」と嬉々として入店することに。

店主であるお母さんと娘さんに久々のご挨拶をしつつ、早速ホットケーキ2枚とドリンク3杯を注文。

「家族で頼む量ね…」などと照れつつ、ケーキが到着すると待望の一口!!

東京のパンケーキでNo.1という人もいるほど有名なカフェ。

カリッと焼かれた表面がたまらない 。

 

画像:https://osietesite.com/gourmet/tokyo/sweet/casa

カフェ香咲(カサ)のお店の場所は?

お店サイトはこちら

https://cafecasa.net/

カフェ 香咲(カサ)は外苑前で33年間営業している珈琲店です。

ジャンル:コーヒー専門店, カフェ, 洋菓子、ケーキ

住所:東京都渋谷区神宮前3-41-1

電話:03-3478-4281

営業日:火〜金 11:30 ~20:00(Last Order)

土日祭 11:30 ~17:30(Last Order)

定休日:月曜日が祭日の場合は営業・振替休日なし。

アクセス:地下鉄銀座線外苑前駅A3出口から徒歩

香咲(かさ)とは?

「珈琲の香が花の様に咲く」 という意味からきています。

さらに誰にでも心地の良い家でありたいと、スペイン語の「CASA:家」

という意味が込められています。

 

●注文を受けてから焼き始めるホットケーキ。

冷凍品や、ミックスで作ったものではありません。

したがって、こんがりきつね色の表面はサクっと、

中はふんわりとした、厚めのホットケーキはは今や香咲の人気ナンバーワン。

 

厚めの生地に、しっかりとしたホイップクリームとコクのあるシロップが溶け合い、

後でふんわり香る粉の味とバターの風味が心地よい。

 

カフェ香咲の口コミは?

平日の午後3時ごろに入店。

実は、有名店であることを知らず、自転車でポタリング中に看板を発見。
のども渇いていたので、試しに入ってみるかと思って入ったら、大正解!

まず、外見が実に落ち着いた雰囲気。
あとで調べたら、開店が1984年とのこと。

そして、中に入ると、またそこもレトロというか、時代を感じさせる内装(実際は年月で内装が今の感じになったみたいです)。

カウンターが一枚杉ですごく立派。
奥に個室みたいになっているみたいで、面白い。

お店は、お母様と娘さんが切り盛り。
親子の会話や常連客との会話など、聞いていて実にアットホームな雰囲気。
長居をしても、全く大丈夫な感じだった。

注文は、香咲ブレンド(650円)とホットケーキ(680円)。

すると、お水と一緒に何か付いてきた。
それが・・・

スコーン!!!

スコーンは、手作りらしく非常に美味しい。

香咲ブレンドは、ネルドロップ式で、少し酸味がある豆を使用。
香りは、ほのかにする感じで、きつい香りではない。

ホットケーキは、シンプルだが、ふわふわしていて、美味しい。

注文があってから焼きだすので多少時間はかかるが、焼いているのを見ているのも楽しい。

ただ、自分が食べたホットケーキは、中がほんの少し生っぽいところがあったのが残念。

しかし、トータルすると、落ち着いた雰囲気の中小説を読むのにいい感じ。

また、友達とちょっとまったりするのに、良いと思う。

スポンサーリンク

ケーキも手作りでやっているみたいなので、今度はそっちも食べて見たい。

 

 

ホットケーキの美味しさではかなり有名とのことで、お邪魔してきました。
注文を受けてから生地を作って1枚1枚焼き上げるその拘りぶりには脱帽でした。

食べてみると非常に濃厚な味わい、適度なボリューム感で非常に飽きのこない、また味わいに来たくなる中毒性をもった、そんな感じでありました。

食べたのはランチタイムだったけど、ホットケーキやスコーンを昼食代わりに食しているOLの姿が散見されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。