塩谷歩波イラストレーターの年齢や経歴に大学は早稲田!小杉湯の場所は?

スポンサーリンク
特集・ドキュメント

塩谷歩波(えんやほなみ)さんは銭湯とサウナが恋人と言う、

設計事務所で体を壊し、休職中に銭湯に救われて「銭湯への恩返し」
として銭湯イラスト「銭湯図解」を発表された。

 

最近は銭湯に行ったことのない方が多いのではないでしょうか。

銭湯はワクワクする場所と思わせてくれる塩谷歩波さんの作品なのです。

銭湯図解シリーズは塩谷歩波さんの作品で、

訪れた銭湯のレポートを素敵なイラストを添えて、

Twitterを中心としたSNSで発信されています。

 

銭湯図解はこちら

塩谷さんはイラストレーターであり、なんと銭湯の番頭さんでもあります。

そんな塩谷歩波さんの年齢や経歴、出身大学、東京・杉並の「小杉湯」の

場所など調べて見ました。

 


画像:https://atsumorikouwaka.com/enya-bantou-irasutore-…

スポンサーリンク

塩谷歩波(えんやほなみ)さんの経歴

勤務先:小杉湯

生年月日:1990年6月26日生まれ

年齢:28歳(2019年3月現在)

出身地:東京都

出身高校:立教女学院高等学校

出身大学:早稲田大学理工学部建築学科

前職:設計事務所

 

●ねとらぼ:えんやの銭湯イラストめぐり

えんやの銭湯イラストめぐり
銭湯イラストレーター、enya honamiさんがお気に入りの銭湯をイラストで紹介する連載です。

●交通新聞社「旅の手帖」:百年銭湯

旅の手帖 | 株式会社交通新聞社
「JR時刻表」「旅の手帖」「散歩の達人」「鉄道ダイヤ情報」「交通新聞」など、旅行や趣味に関する雑誌と書籍を発行。交通新聞社の旅の手帖 のページです。

●Twitter

●Facebook

塩谷 歩波
塩谷 歩波さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、塩谷 歩波さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

●Instagram

https://www.instagram.com/enyahonami/?hl=ja

●小杉湯のアメブロ

高円寺の美肌になれる銭湯 ミルク風呂と自然回帰水が自慢の小杉湯
高円寺の美肌銭湯 ミルク風呂と自然回帰水の小杉湯:平松さんのブログです。最近の記事は「臨時休業のお知らせです。(画像あり)」です。

塩谷歩波さんが働く「小杉湯」の場所は

小杉湯

1933年創業の「小杉湯」で、塩谷さんは番台での接客や風呂の準備の合間に

、銭湯図解を描いている。

住所:東京都杉並区高円寺北3-32-2

電話:03-3337-6198

定休日:毎週木曜日

営業時間:午後15時30分から深夜1時45分まで

■入浴料金温泉

大人 460円
中人 180円 (小学生)
小人  80円 (幼児)

■共通割引入浴券10枚で4,200円

■駐車場あり

■手ぶらでも入れますビックリマーク温泉

アクセス:JR高円寺駅から徒歩5分。

塩谷歩波さんの銭湯めぐりはいついくの?

塩谷さんは週5日は「小杉湯」で、あとの2日は違う銭湯を巡っています。

なんと「小杉湯」は福利厚生に銭湯がついているので、従業員は入り放題だそうです、

勤務中に入ることもあって、お風呂に入ってから番台に立つこともあとのこと。

 

1日に複数の銭湯を巡るので、銭湯でお風呂に入った回数だと

年間500回くらい入っているそうです。

 

都内の約200カ所の銭湯に行った、
塩谷歩波さんは、唯一の常駐スタッフです。

 

最後に

塩谷さんは年間500回も銭湯に入るのでお肌がツルツルになったそうで、

化粧はしなくなったそうですよ。

こんな可愛い子が番台にいればタオルが離されないような?

タイトルとURLをコピーしました