かとうちあき野宿編集長で経歴や結婚や家族は?お店のようなものの場所は?

野宿ブームの火付け役となったと
言っても過言ではない,

 

野宿女子とは野宿をこよなく愛好する
「かとうちあき」さん、

 

人生をより低迷させる旅コミ誌
「野宿野郎」の編集人なのです。

スポンサーリンク

「かとうちあき」さんは住む家がないのかと疑問をもちますが、

住む家はあるのですが、時たま好んで野宿に出かけるから愛好家なのです。

 

まったく家が無ければホームレス
になってしまいます。

 

現在はシェアハウスに住んでいる。

そんなかとうちあきさんの経歴、結婚や家族、

現在の横浜お店のようなものの場所など調べて見ました。

 

画像:http://www.flintstone.co.jp/20110220.html

かとうちあきさんの経歴

職業:野宿野郎編集長・横浜「お店のようなもの」店主

誕生:1980年生まれ

年齢:37歳~38歳(2018年7月現在)

出身地:神奈川県横浜市生まれ

出身大学:法政大学社会学部卒

結婚:独身

家族:両親・弟

 

「かとうちあきさん」は幼いころより野宿に憧れていらそうで、

高校3の夏に友だちと野宿旅行を実施したそうで。

 

その時のコースは青森県東津軽郡竜飛岬から、山口県下関まで50日間かけて

本州を野宿縦断したのです。

 

しかし、他の友達は新潟でリタイアしている。

女の子が野宿で50日もかけての横断を
親たちは心配だったのではないでしょうか?

 

自分の娘だと絶対反対したでしょう。

大学在籍中で就職活動はせずに旅を続けることを決意、

 

理由は「はたらきたくなかった」
そうで大学時代のアルバイトの延長で介護福祉士の仕事をして暮らしていた。

2004年に旅ミニコミ誌『野宿野郎』を創刊、編集長にして発行人を務める。

 

これが人生をより低迷させる旅コミ誌
「野宿野郎」が話題になりました。

 

この旅は移動はバス、宿泊は野宿を基本にしてお金をかけない旅で全国を巡っているのです。

しかし2008年までに7号を出したが、以降出ていない。

 

出すのが大変ということで要はサボっているのだそうです。

2014年より横浜市にて「お店のようなもの」をオープン。

近所の人たちからタダでもらったものを並べて販売したり、

ゲストを招いてのトークライブなど各種イベントを主催したりしている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野宿入門 (草思社文庫) [ かとうちあき ]
価格:604円(税込、送料無料) (2018/7/2時点)

スポンサーリンク

 

 

かとうちあきさんの結婚は?

結婚にはいろいろ抵抗感があるそうで、

そもそも婚姻制度が気に入らない。

個人的なことなのになんで国に申し出なきゃいけないのか、納得いかない。

子供を作るなら結婚制度にのっからないとデメリットが大きいと思うが、

しかしこの生活で子供を作れるのか、育てられるのかはなはだ疑問だと自分で思う。

男性との交流がないわけではないが、
「付き合っている」とか言うのも面倒くさいので、そういう言い方はしたくない。

「付き合ってるのに?」とかしばられたりするのがいやだ。

「相手には何も求めないから、私にも何も求めてほしくない」。

結婚に対しても我がままの延長のように感じます。

 

かとうちあきさんの家族は?

父親は会社員で母は専業主婦をしていた弟さん(11歳年下)が一人いるそうです。

父親は2013年に定年退職しているが、父の姿を見て毎日会社に行って、

遅くまで働いてなんて大変なので、

中学生ぐらいから働きたくないと思っていたそうです。

 

母親は教育熱心で期待されたが過保護に
育てられ幼稚園も変えている。

完全なわがまま娘ですが、現在も続いて
いるのがわかります。

 

横浜「お店のようなもの」店主?

「お店のようなもの」サイト

http://omise.nojukuyaro.ga/?cat=2

 

別名「野宿界のアップルストア」

横浜の下町商店街にひっそりと存在する「お店のようなもの」。

ここは10年間使われてない貸し倉庫を借り、

気が向いたら開店させて、何かを売ったり、イベントをやったりしている。

 

又、もらったり拾ったりしたものが置いてあったり、

ネパール製の帽子やレッグフォーマーが並べられていたりするほか、

ちあきさんの著者や『野宿野郎』も購入できるそうですよ。

 

住所:神奈川県横浜市南区中村町3丁目197番地

アクセス:京急黄金町駅から
(横浜市営地下鉄ブルーライン阪東橋駅経由で)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。