西野友毬の現在は派遣社員で結婚に会社はどこ?

西野友毬(にしの・ゆうき)さんは、
第二の浅田真央さんと呼ばれた
元フィギュアスケート選手です。

 

14歳では世界3位にまでなったが、
しかし15歳の頃からスランプになっている。

 

その原因は15歳~17歳の2年間で体重10kg増加し
ジャンプが飛べなくなった。

スポンサーリンク

いろんなスポーツ競技がありますが、
体重が決まっている競技の選手は
身長や体重が増えるのが当たり前なのです。

 

したがって女子フィギュア界でも
「魔の17歳」と呼ばれており、

体が急激に成長してジャンプが飛べなくなり苦しむ選手が多くいるのです。

 

徹底的な食事管理をしたが体重維持が精一杯、

かつてのジャンプを飛ぶことはできなかったので、

大学卒業と同時に現役を引退されたのです。

 

現在は母親の景子さんと実家ぐらし、
これまでフィギュアにかかった総額は
数千万円にものぼるそうですが、

 

そんな西野友毬さんの経歴、大学、

現在は派遣社員で結婚に会社など調べてみました。

 

画像:https://matome.naver.jp/odai/2134925152682832501/2…

西野友毬(にしの・ゆうき)さんの経歴

職業:派遣社員

誕生日:1993年9月10日生まれ

年齢:24歳(2018年7月現在)

出身地:大阪府

出身中学:武蔵野中学校

出身高校:武蔵野高等学校

出身大学:明治大学政治経済学部

身長:158cm

憧れ:荒川静香

 

西野友毬さんは5歳からスケートを始めてますがきっかけは、

お風呂場に氷を張り、遊んだことからスケートをしたいと強く思うようになった
そうです、

きっかけとは分らないもので、一生懸命に冷蔵庫からお風呂場に氷を運ぶ、

かわいらしいはっそうですね。

 

本人はスピードスケートをしたかったが母親の勧めでフィギュアスケートになった。

ここからが天才の素質が開花されて、

 

・小学5年でルッツとフリップを習得

・小学6年までにアクセルを除く5種類の3回転ジャンプを跳ぶ。

2005~2006年:全日本ノービス選手権女子A 2位

2006~2007年:全日本フィギュアスケートジュニア選手権 6位

2008~2009年:フィギュアスケート選手権 5位

ジアフィギュア杯 ジュニアクラス 優勝

2010~2011年:日本フィギュアスケート選手権 6位

2012~2013年:ィギュアスケート選手権 7位

2016年1月インカレ(日本学生氷上選手権)を最後に競技生活を終える。

 

東日本で上位にいても、ほとんど西日本の選手が強いし、

東にも若い子でうまい選手が出てきた。

早く引退して良かった」とインタビューで話してます。

西野友毬さんの会社は?

西野友毬さんは大学卒業後はスケートから引退し就職活動してました。

現役中は練習の日々で就活で必要な
車の免許を卒業前2ヶ月で、

合宿免許を2月に新潟で免許習得しています。

 

新潟はの2月は雪も多く吹雪くと道路も
分らなくなるほどですから、

良く2週間で免許習得はさすがです。

スポンサーリンク

2016年3月に明治大学卒業

現在は派遣社員として週5日勤務で
レンタルオフィスの受付の仕事を
されてます。

気になるのはどこの勤務先か?

千葉県船橋市の

「WORK STYLING」という

三井不動産の法人向け多拠点シェアオフィス

ただこの情報から半年もたっておりますから職場や結婚で

変わっているかもしれません。

 

爆報!THE フライデーで「驚きの転身をしていた」となってますから、

別な職業についているかも知れません?

 

西野友毬さんの結婚は?

2017年12月のインタビューでは
「もうすぐ結婚をしようと思っています」といってましたので、

 

また結婚のためにダイエットもしているそうなので、

結婚されているでしょうね。

 

ただお相手は一般人なので情報は
ありませんでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。