加藤結李愛は女流棋士で可愛い!経歴や 高校に女流棋士の年収は?

加藤 結李愛(かとう ゆりあ)さんは
現在女流2級に昇級して正式なプロとして認められた。

 

仙台市に住む高校1年である(2018年7月現在)。

スポンサーリンク

女流棋士制度の3級はプロの仮資格で、
公式棋戦を戦い、2年以内に規定の成績を収めればプロ棋士となるのです。

 

現在はプロの女流棋士は全国でわずか
60人ほどしかいない難関なのです。

そんな加藤 結李愛さんの経歴や高校に昇級履歴、年収など調べて見ました。

 

画像:https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/blog/deta…

加藤 結李愛(かとう ゆりあ)さんの経歴

職業:女流棋士

誕生日:2003年2月15日生まれ

年齢:15歳(2018年7月現在)

出身地:宮城県仙台市

高校:東北高等学校在学中(2018年4月 ~ )

師匠:石田和雄九段門下

段位:2級(2018年7月現在)

プロ入り年月日:2018年7月7日

趣味:音楽鑑賞・フラッシュ暗算

好きな食べ物:グラタン

 

昇級履歴

2016年4月 関東研修会入会(D1)

2017年9月 関東研修会C1昇級

2013年4月1日 女流3級

2018年7月7日 女流2級(プロとなる)

 

加藤 結李愛さんが将棋に興味を持ったのは小学2年生の時、

将棋日本シリーズと同時開催の
「テーブルマークこども大会」参加賞の駒形消しゴムが欲しくなり、

 

お兄さんに教わって将棋を始めたのが
きっかけとなる。

 

小学3年生の時から、元・朝日アマ名人(3期)で元奨励会員の加部康晴さんの

「杜の都加部道場」へ通い続けるようになり、実力を蓄えてきた。

 

その後、様々な大会で活躍をしながら、女流棋士になるために
2016年4月に関東研修会にD1で入会。

2017年9月に関東研修会の例会で
6連勝してC1に昇級し、

スポンサーリンク

女流3級となる権利を得たる。

 

ただ順調に来たのではなくC2からC1
の時には一戦で敗れること6回もあって、

加部康晴さんの集中特訓がきっかけとなって6連勝でC1昇級になっている。

 

そして2018年7月7日に女流2級
昇段されております。

女流棋士の年収は?

男性棋士ほどではないが、相当な棋力がないとなれない職業です。

年齢制限は研修会への入会の年齢制限は26歳以下のアマチュア。

 

収入状況は女流棋戦の対局料やタイトルの賞金だけで生活していける

女流棋士は一握り。

 

ほんとうに、将棋の対局料だけで生活できるのはタイトル保持者くらいです。

勝てない女流棋士は、年間対局数が5局程度で、対局料だけだと

20万円位

したがって将棋の対局料以外の収入は、
イベントやアマチュアの指導料、

そして、TV番組の解説などの出演料が収入になります。

 

最後に

女流棋士はまだまだ、知名度は低いので
加藤 結李愛さんなどが、

知名度をあげて男性棋士との勝負に勝つことで人気がでる。

しかし男性棋士に対する女流棋士の勝率は2割前後だそうで、

厳しい世界です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者