awabar IT社長が集まる六本木のBARのオナー小笠原治氏とお店の場所は?

東京・六本木にIT企業の経営者や若い起業家たちが集い、語り合う、
「メンタリングの場」になっている一軒のバー、

「awabar(アワバー)」です

スポンサーリンク

メルカリの山田進太郎氏や
小泉文明(取締役)氏

EコマースサービスのBASEの鶴岡裕太氏

たちがまだ会社立ち上げる前かの常連客だった。

 

メンティーとしてawabarで会い、それが事業推進につながっているのだと。

IT業界に近しい人が気軽に集えるような場になっている。

 

同年代でも異業種同士で話せる、似たような性質の人同士が集まるからこそ
話せることがある。

そんな「awabar」オーナー小笠原治氏の経歴や年齢、

awabar(アワバー)の場所や料金など調べて見ました。

 

 

画像:http://ascii.jp/elem/000/001/221/1221710/

「awabar」オーナー小笠原治氏の経歴

小笠原治(おがさわら・おさむ)

職業:

・株式会社ABBALab株式会社nomad代表取締役

・さくらインターネット フェロー

・DMM.make エヴェンジェリスト

・awabarオーナー

・fabbitオーナー

・京都造形芸術大学 教授

・株式会社メルカリ シニアフェロー

 

誕生:1971年生まれ

年齢:47歳(2018年現在)

出身地:京都府京都市生まれ

出身高校:。高校を卒業(学校名未公表)

職歴

高校創業後に京都市の建築設計事務所に入社。

タイから日本に図面のデータを送る事業に携わり、商業利用が本格的にスタートする前夜のインターネットに興味を持つ。

 

さくらインターネットの社長である田中邦裕と1998年にホームページの

運用やデータの管理サービスを提供する、

さくらインターネット(株)の設立にかかわる。

スポンサーリンク

その後、インターネット関連企業2社の代表を経て、

2011年に起業支援会社(株)nomadを設立し、

2013年に同社の投資プログラム部門を法人化した(

株)ABBALabの代表取締役に就任。

 

同年より、経済産業省が主催する新ものづくり研究会の委員を務める。

2014年にはDMM.make AKIBAを設立。

2015年8月からエヴェンジェリスト。

2015年さくらインターネットにフェローとして復帰。

2017年より、京都造形芸術大学教授に就任。

2017年に社会実装を目的とした研究開発組織mercari R4Dのシニア・フェローに就任。

他、経済産業省 IoT推進ラボ 審査委員、データポータビリティに関する検討会 委員、

福岡市スタートアップ・サポーターズ理事等。

 

awabarの場所はどこ?

住所:東京都港区六本木4-10-11
小田切ビル1F

TEL & FAX:03-6804-5739

営業時間:

月~金 18:00~27:00

土 18:00~24:00

定休日:日・祝

アクセス

地下鉄六本木駅6番出口から徒歩3分

awabarのメニューは?

■ドリンクメニュー

★グラススプマンテ★800円

★グラスシャンパン★1,500円

★スプマンテボトル★3,000円

★おたるナイアガラ★(甘口、白)4,000円

★生BEER★500円

★ベルギーBEER★1,000円

★COCKTAIL★ 1,000円

■料理メニュー

生ハム 1,000円

厚切りベーコン 800円

モッツァレラチーズ 400円

ロールキャベツ 800円

awa特製ハンバーガー 1,000円

このお店は待ち合わせや、軽く飲む繫ぎのお店として利用するのによさそうなお店です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。