奥井麻矢LINEの経歴に高校と大学や旦那は?年収がきになる?

奥井麻矢(おくい・まや)さんは現在数々のヒットゲームを世に送り出してきた

「LINE株式会社 ゲーム事業本部」

です。

 

奥井麻矢さんが初めてプロデュースした「LINE ポコパン」が世界中で、

4500万ダウンロードを記録し、
一躍話題になった方なのです。

スポンサーリンク

ゲームが好きな方は良くご存知でしょう、

『LINE POP』に『LINE ポコパン』など数々のヒットタイトルを擁するLINE GAME。

 

通勤時間に、ちょっとしたオフタイムに、ついついプレイしてしまうのが、

バクハツした日頃からゲームに馴染みのないユーザーでも夢中になって楽しめる

「カジュアルゲーム」という市場を開拓した第一人者なのです。

 

朝の10時から夜の7時まで
1日10本の会議をこなし、

100人以上の部下を束ねるリーダー
の奥井麻矢さんの経歴に高校と大学や旦那、年収など調べてみました。

 

画像:https://woman-type.jp/wt/feature/7368

奥井麻矢(おくい・まや)さんの経歴

役職:LINE株式会社 ゲーム事業本部副事業本部長

誕生:1987年生まれ

年齢:31歳(2018年9月現在)

出身地:大阪府出身

出身高校:千里国際学園 中等部高等部

出身大学:法政大学キャリアデザイン学部

結婚:既婚(2017年結婚)

経歴:

法政大学キャリアデザイン学部卒業後の職業は

インターネット広告代理店営業職勤務。

 

退職し2011年NHK Japan株式会社(現LINE株式会社)に転職。

ハンゲームのアライアンス営業業務を経て、

LINE GAMEの立ち上げに携わる。

 

プロデューサーとして『LINE ポコパン』など多数のタイトルを手がけ、

スポンサーリンク

2017年1月にゲーム事業1部の事業部長に就任。

2018年2月にゲーム事業本部副事業本部長に就任し現在に至る。

 

奥井麻矢さんは中学時代から生徒会や部活動の部長などもされており、

先に立って皆を引っ張っていく方なのですね。

 

いがいに奥井麻矢さんは幼少期はゲームはしたことがなかったそうで、

これがゲームをやったことのない人たちにゲームの面白さを広げる

提案ができたのです。

 

それもLINEならではのゲームを展開するのが友だち同士で遊べる

要素をふんだんに入れたのが、

『LINE POP』に『LINE ポコパン』など数々のヒットタイトルを擁する

LINE GAMEなのです。

 

現在は100人以上の部長となった奥井麻矢さんです。

 

奥井麻矢さんの旦那は?

奥井さんは31歳なのですが綺麗な
方なのですが仕事が多忙なので、

結婚は未だかなと思っていましたら、
2017年に結婚されておりました。

旦那さんは一般になので情報はありませんでした。

 

しかし旦那さんとの新婚生活はシンプルだそうですが、

旦那さんとの家事分担のルールはあるそうで、お互い協力が必要ですね。

 

奥井麻矢さんの年収が気になる?

LINEゲームのプロデューサー奥井麻矢さんですが、気になるのが年収になります。

ゲーム開発者の平均年収は年齢34歳年収518万4円、

勤続年数7年です。

 

給与の中央値は「400万円以上500万円未満」だそうです。

 

LINEの近年の平均年収は?

平成28年度は734万円

LINEの役職者の年収は?

部長:1321万円

課長:1033万円

係長:786万円

となっております。

奥井麻矢さんはゲーム事業本部副事業本部長なのでこれより上と思われます。

最後に

LINE GAMEはサービス開始当初から順調にユーザーが増えていますが、

奥井麻矢さんは「同じことをやり続けていてもダメ」といってます。

成功したからといってそれにしがみついているとすぐ飽きられてしまう、

常にトライしていく姿勢が重要だ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者