三浦 由紀江(駅弁)の年齢や経歴に夫は?駅弁マイスターとは?

三浦 由紀江 (みうら ゆきえ) さんは
44歳から駅弁販売のパート 営業所所長になった方です。

 

キャリアのないパート主婦から営業所長に抜擢されたという経歴と、

楽しむ心で仕事に活力を見出す取り組みなどの積極的な姿勢が
多くの業界から注目されています。

スポンサーリンク

2013年に60歳定年退職されましたがオファーが殺到する

講演活動を自由に行うために、

嘱託社員などの道を選ばず、『駅弁マイスター』として現場を

指導する道を選択しました。

 

そんな三浦 由紀江さんの年齢や経歴に夫は?

駅弁マイスターなど調べて見ました。

 

画像:https://www.koushihaken.com/member/1510/

三浦 由紀江 (みうら ゆきえ) さんの経歴

役職:JR東日本グループ (株)日本レストランエンタプライズ 駅弁マイスター

誕生:1953生まれ

年齢:65歳(2018年現在)

出身地:埼玉県生まれ

大学:1975年に青山学院大学中退

家族:夫・子供3人(長男、長女、次女)

 

職歴

1997年に株式会社日本レストランエンタプライズにパートで 入社。

JR上野駅の駅弁販売でパートデビュー。

 

駅弁販売員として実績をあげ、その後パートで上野駅8店舗を束ねる総括店長となる。

49歳で契約社員となる。

 

2006年に 正社員採用。

2007年に大宮営業所所長 就任。

就任1年目で駅弁売上を5000万アップさせ、

年商10億円超を達成。

 

所長就任4年で1億1000万円アップさせる。

 

限定の駅弁を数多く生み出す傍ら、
9人の社員と110人のパート・アルバイトを束ね、カリスマ営業所長として活躍。

 

2013年12月 定年を向え退職。

2014年 1月にのパート社員
「駅弁マイスター」として活躍中。

 

新宿営業支店の店舗など販売現場の指導。

 

三浦由紀江さんがパートのきっかけは?

三浦由紀江さんは21歳の時に学生結婚されて青山学院大学を中退されました。

結婚後は3人の子宝に恵まれ、
23年間専業主婦をされていたが、

 

44歳の時に娘さんに「毎日遊んでばかりいないで、

1日3時間でもいいから働いてみたらどう?」と言われ時給800円の

JR上野駅での駅弁販売で
仕事は10時~14時までの4時間
が最初でした。

 

その後はカリスマ所長と呼ばれるようになりました。
成功は「主婦としての経験」だそうです。

 

■著書を2冊出版されております、
これからパートやビジネスされる方は
参考になりますよ。

『時給800円から年商10億円のカリスマ所長になった28の言葉 100%楽しみ、

結果を残す』(ダイヤモンド社)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

時給800円から年商10億円のカリスマ所長になった28の言葉 100%楽しみ、結果を残す [ 三浦由紀江 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/14時点)

スポンサーリンク

 

楽天で購入

 

 

『一年で駅弁売上を5000万アップさせた パート主婦が明かす奇跡のサービス』

(ダイヤモンド社)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1年で駅弁売上を5000万アップさせたパート主婦が明かす奇跡のサービス [ 三浦由紀江 ]
価格:1543円(税込、送料無料) (2018/9/14時点)

 

楽天で購入

 

 

三浦 由紀江さんの夫や子供は?

三浦由紀江さんは21歳の時に、学生結婚をされていて、

3人のお子さん(長男、長女、次女)がいらっしゃいます。

 

年齢も65歳なのでお孫さんも3人いらっしゃるようです。

 

夫の名前や年齢の情報はありませんが
職業は「自営業」です。

 

駅弁マイスターとは?

「マイスター制度」という言葉でも馴染みのあるマイスターという言葉。
どのような意味の言葉でしょうか。

マイスター(meister)はドイツ語で、「親方」、「名人」、「主人」、「巨匠(きょしょう)」という意味の言葉です。

最上位の職人のことを「マイスター」と呼びます。

 

最後に

三浦さんは定年退職後は駅弁マイスターとして現在の報酬を時給に

換算すると1100円だそうです。

指導や講演で働くみんなを応援していきたいそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者