佐藤章(湖池屋)の経歴や大学にゴルフはプロ級?ポテチヒット理由は40~50代狙い?

佐藤章氏はキリンビバレッジ株式会社
2011年52歳で代表取締役社長に就任され、

「生茶」や缶コーヒー「ファイア」などのヒット商品を生み出した佐藤氏ですが、

2016年56歳でキリンビバレッジ株式会社の取締役常務執行役員を

退任されました。

スポンサーリンク

現在は2016年9月より株式会社湖池屋の代表取締役社長

になってます。

佐藤章社長は型破りの発想で、清涼飲料水や世界初のノンアルコールビール、

スナック菓子などヒットを連発してきた。

そのポテトチップス業界では業界の圧倒的王者「カルビー」で万年2位という

地位に甘んじている。

2016年に社長に就任した佐藤社長の改革により、新市場を切り拓く

新商品を連発し、

湖池屋は一躍注目を集める存在になったのだ。

万年2位の湖池屋が再ブレイクを果たした。

そんな佐藤章社長の経歴や大学にゴルフはプロ級?

ポテチヒット理由は40~50代狙いなど調べてみました。

画像:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/2…

佐藤章(さとう・あきら)社長の経歴

役職:株式会社湖池屋 代表取締役社長

誕生:1959年6月27日生まれ

出身地:東京都

出身大学:1982年早稲田大学法学部卒業後

趣味:ゴルフ、囲碁や麻雀

職歴:

1982年キリンビールに入社

1997年キリンビバレッジ商品企画部主任

2006年キリンビバレッジのマーケティング部長

2008年キリンビールのマーケティング部長に就任

2011年九州統括本部長

2012年キリンビールマーケティング執行役員九州統 括本部長を経て

2014年キリンビバレッジ社長

2016年56歳でキリン㈱ の取締役常務執行役員を退任

株式会社フレンテの執行委員マーケティング担当と

日清食品ホールディングス㈱ 執行役員菓子事業担当を兼務

そして2016年9月に株式会社湖池屋代表取締役社長

佐藤章社長のストレスは耐えろ?ゴルフはプロ級?

ゴルフはプロ級の腕前と成れば、完全なシングルプレーヤーですね。

1日2ラウンド楽しむこともあるタフさ、若いあなたは付いていけますか?

佐藤社長は「トップスタートを切るのが好き」と言ってることは他の競技者より、

毎回良いスコアであがる負けず嫌いなのでしょうね。

ゴルフはスコアの良かった人が次のコースでトップになります。

思っただけで出きるスポーツではない。

佐藤社長は

メンタルを鍛えるにはスポーツが何より。

会社でモヤモヤしていたら、行動にも迷いが出て当然です。

スカッとするには体を動かすしかない。
なかでもゴルフは精神的な鍛錬にもなります。

微妙な位置に池があったら、グリーンをむやみに狙わず

遠回りするなど、自分を律する必要があるからです。

パターを打つときは「絶対に入れる!」と念じて、

入らないと「なぜだ! なぜオレは・・・・・・」と
自分に怒りを持つ。

そして、どうすればうまくいくか法則を考える。

すると仕事でも「次は必ず売れる商品をつくる!」という執念が生まれます。

佐藤章社長は2015年のインタビューで

【ゴルフ】

ハンディ6。社内では名手で通っている。ゴルフをやるのは「健康のためと、もう1つは経営力の鍛錬のため」と語る。後者には説明がいる。

「200ヤード先に池があるとする。220ヤードは飛ばせる自信があっても、手前に落として刻む。そして3打目でパーをとりに行く」。無理やり、バーディーを狙ったりしないというのだ。

「ガンガン行きそうなタイプ」と社内では見られているようだが、「マネジメントは積み上げるもの。私は経営者として、V9を達成した川上哲治監督の支持者です」。自戒と見るべきか。

囲碁や麻雀も好きで、流れをつかむまでのストレスは耐えるしかないと

わかるとのこと。

色んな面で仕事に結びついてしまいますね。

私からはじめ無理に狙えば良いこと無いのは分っているが、ついつい狙ってしまう

そして最悪のスコアになってしまっています。

最近はパーのところはボギーでよいと心がけて回ってます、

そしたら良いスコアになっていました。

パワーが違うのでしょうね、ドライバーで220ヤードはうらやましいです。

湖池屋ポテトチップスヒット理由は40~50代狙い?

2017年2月発売の「プライドポテト」

JAPAN PRIDE POTATO 焼のり醤油

JAPAN PRIDE POTATO オリーブソルト

KOIKEYA PRIDE POTATO 大漁 海老祭り

KOIKEYA PRIDE POTATO 芳醇 重ね茶塩

KOIKEYA PRIDE POTATO 日高昆布と柚

KOIKEYA PRIDE POTATO 玉露と抹茶塩

KOIKEYA PRIDE POTATO 伊勢海老と甘えび

KOIKEYA PRIDE POTATO 本格濃厚のり塩

スポンサーリンク

KOIKEYA PRIDE POTATO 本格コンソメ

に続き、

湖池屋が2018年9月に期間限定で売り出したポテトチップス

「じゃがいも心地」が、

消費者の声を受けて、通年販売に切り替わった。

評価をしたのは健康を意識して、ポテトチップスを敬遠しだす

40~50代なのでした。

ビールやお酒を飲む時に手軽に「おつまみ」として食べていたが、

生活習慣病で健康診断に引っかかって止めた方は多いと思います。

「ポテトチップス」+「油で揚げたお菓子」というイメージを、

「野菜としての芋のおいしさを楽しめる食べ物」として打ち出した点だったのです。

「ビール」+「野菜の芋」

芋は通常のポテトチップスの倍近くの厚さで塩味、醤油味、バター味の3種類。

ポテトチップスのイメージをお菓子から、芋本来の味を楽しめる野菜に

切り替えることを狙ったのです。

パッケージも変更し塩味のパッケージカラーは食欲がわかない色として

敬遠されがちな青色を選び、逆に売り場で目立つようにしたのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

じゃがいも心地(オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味)☆ 今回は珍しく最近ハマっている商品のご紹介♪ コンビニなどで再販される度に2~3個買い占めちゃうくらい大好きです。 厚切りで芋感の強いチップスとキリッとインパクトのある岩塩、円やかな味わいのオホーツクの塩がバランスよく、噛むほどに旨味の相乗効果が楽しめます。 #じゃがいも心地 #湖池屋 #ポテト #ポテトチップス #じゃがいも #お菓子 #コンビニ #塩 #岩塩 #おいしい #potato #potatochips #salt #rocksalt #food #foodpics #foodlover #foodporn #foodies #foodstagram #instafood #delicious #yummy #foodoftheday #foodgasm #amazing #食べ歩き #食べログ #KAZUYAの取扱い説明書 #湘南かずや

杉山和也さん(@kzy19750512)がシェアした投稿 –

・味の設計では煎餅を意識

・2種類の塩をブレンド

・醤油味は煎餅のような香ばしさを再現

が40~50代の年齢層に人気が継続されているのです、

実際に湖池屋の看板商品である通常ののり塩味を上回ることもある。

最後に

「じゃがいも心地」は2015年にも期間限定で販売しておりますが、

ヒット商品には育っていなかったのです、
パッケージと味で完全ブレークしたのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。