黒後愛(バレー)父親や母親に姉は?中学校と高校にネックレスが気になる!

黒後 愛(くろご・あい)選手は8年ぶりのメダル獲得へ、
そのカギを握る代表選手なのです。

 

チーム最年少で20歳の新エース候補として注目されている、
世界トップクラスを相手に衝撃的な代表デビューを果たし、

日本代表に大きな希望の光を照らしているのです。

スポンサーリンク

そんな黒後 愛選手の父親や母親に姉、中学校と高校に
ネックレスなど調べて見ました。

 

画像:https://tonboeye.com/kurogo-ai/

黒後 愛(くろご・あい)選手の経歴

愛称:アイ

種目:全日本バレーボール選手

所属:東レ・アローズに所属

誕生日:1998年6月14日生まれ

年齢:20歳(2018年9月現在)

出身地:栃木県宇都宮市

身長:180cm

体重:70kg

スパイク:306cm

ポジション:ウイングスパイカー

出身中学:宇都宮市立若松原中学校

出身高校:下北沢成徳高等学校

家族:両親・姉(5歳年上)

 

黒後家はバレー一家でバレーボールを本格的に始めたのは8歳の頃。

バレーを始めたきっかけお姉さんの影響でした、

市立若松原中学校2年次には全日本中学選抜に選出された。

 

3年で出場した全国都道府県対抗中学バレーボール大会では、

栃木県代表チームで優秀選手賞を獲得している。

 

下北沢成徳高校進学後2014年6月には東京オリンピックの強化選手になる。

2015年には全日本ユース代表に選出。

2015年8月に開催された第14回世界ユース女子選手権大会に出場し、

ベストサーバーに選出された。

2016年夏のインターハイでも優勝の原動力となり、ベスト6及び優勝選手賞を獲得した。

2017年春高では、下北沢成徳の大会二連覇に大きく貢献してMVPになる。

2017年3月に全日本メンバーに登録された。

V・プレミアリーグの東レ・アローズ所属となる。

黒後愛選手の両親や姉は?

黒後選手の父親は黒後洋(ひろし)さんで、

現在は宇都宮大学でバレーボール部の監督をしております。

 

大学では体育学を専門とした教授です。

母親や姉もバレー経験者

母親も高校時代には春高バレーを経験していますし、

お姉さんも宇都宮大学でバレー部に入り活躍していた。

 

母親も高校時代には春高バレーを経験していますし、

お姉さんも宇都宮大学でバレー部に入り活躍していた。

スポンサーリンク

黒後愛選手のネックレスが気になる?

 

 

View this post on Instagram

 

#黒後愛 選手

❤️Love-volleyball❤️さん(@smile.v.b.japan0819)がシェアした投稿 –

黒後愛選手が身に着けているネックレスが気になりますね、

黒いネックレスをしていますよね?

 

このネックレスのブランドやメーカーは果たしてどこのメーカーなのでしょうか?

ネックレスはクリオ アルファリング ネックレス スポーツネックレスの

ファイヤーブラック。

このネックレスは汗や水に強いネックレスとなっており、

効果はアスリートのパフォーマンスにフォーカスしたネックレスで

駅伝の選手も使用しています。

 

最後に

黒後愛選手はこれからエースとして
全日本のバレーボールで活躍される、

今後の夢は2020年の東京オリンピックに出場して、「金メダルを獲得することだ!」

木村沙織さんのスパイク最高到達地点は304cmでしたが、

黒後愛選手は306cmとうわまわって
いますがこれからまだ伸びるでしょうからたのしみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者