家田荘子の経歴に大学と年齢や4回結婚と子供は?生い立ちや僧侶の理由は?

家田 荘子(いえだ・しょうこ)さんは
エイズ患者、ヤクザや代議士の妻、

歌舞伎町の人たちなどインタビュー取材によるノンフィクションで知られる。

スポンサーリンク

特におなじみの『極道の妻たち(ごくどうのおんなたち)』は、

全16作品にシリーズ化され、興行総収入
70億円の大ヒットとなり、

原作本は文庫本と合わせて、4年間で
40万部売り上げている。

 

そんな家田荘子さんですが私生活では4回も結婚されていて、

2007年には高野山大学で伝法灌頂を受けて僧侶にもなっています。

そんな家田 荘子さんの経歴に大学と年齢や4回結婚と子供は?

生い立ちや僧侶の理由など調べて見ました。

 

画像:http://www.gokutsuma.com/profile/

家田 荘子(いえだ・しょうこ)さんの経歴

職業:ノンフィクション作家、高野山真言宗僧侶

本名:家田京子

生年月日:1958年7月22日生まれ

年齢:60歳(2018年11月現在)

出身地:愛知県知多郡武豊町

出身高校:愛知県立半田高等学校

出身大学:日本大学藝術学部放送学科

最終学歴:高野山大学大学院文学研究科密教学専攻修士課程修了

所属事務所:家田荘子オフィス所属

(マネジメントはエクセリングと業務提携)

免許:中学校教諭一級免許状(国語)及び高等学校教諭二級免許状(国語)

 

家田荘子さんの生い立ちは?

 

家田荘子さんは兄弟はいなく1人っ子なのです。

1人っ子では甘やかしされて育ったと思いきや厳しく育てられたのです。

 

中学卒業後は愛知県立半田高等学校へ進学し、高校で女優を目指しました。

17歳で女優の時は「家田京子」の本名で出ておられました。

 

1982年に田中美佐子さんのデビュー作
の映画で「ダイヤモンドは傷つかない」に出演。

 

日本大学藝術学部放送学科時代はパンクファッションと踊りが好きになり、

卒業後に六本木で遊んでいた。

 

その後は女優業が上手く行かず、執筆活動
に進んで行くが、きっかけは

 

女優の売り込みで雑誌社に訪れたときに
六本木の現状を話したら「書いてみたら」って薦められたのがきっかけとなり、

 

その後はヒット作品が生まれますが、社会的にあまり世間に知られることのない人たち、

スポンサーリンク

性・人種・エイズに関連させて社会に広めた家田荘子の著書と、日本型センセーショナリズム・マスコミ報道を批判。

 

それによりマスコミに叩かれて体調を崩し
知り合いから勧められ水行をし、

体調が回復されたのです。

 

家田荘子さん僧侶 高野山 寺の理由は?

水行をし体調が回復されたこともあり、
また執筆活動の中で弱い女性の人たちの

 

駆け込み寺になりたいと思い2007年に
高野山大学に通い伝法灌頂を受けて僧侶になりました。

 

(※伝法灌頂とは?(でんぼうかんじょう)とは、阿闍梨という指導者の位を授ける儀式である。真言宗では、伝法灌頂を受け阿闍梨位を得て、はじめて正式な僧侶と認められる)

 

家田荘子さんの4回結婚と子供は?

家田康子さんは離婚歴があるのです、現在の旦那さんは4人目だそうで、

現在は2003年に4回目の結婚をしました11歳年上の実業家とのこ。

 

現在もこちらの方と結婚生活を送っているのではないか離婚の情報はありませんから。

家田荘子さんは20代で、六本木で遊んでいた時に出会った黒人男性と恋に落ち結婚した。

 

しかし、若かったためか3年後に離婚する。

 

その後に極道の妻たちが大ヒットした時にバッシングを受け、

アメリカへ移住したときに知り合ったアメリカ人の男性と結婚。

 

こちらも黒人の旦那さんです、娘のジュリアーナさんを出産されてます。

 

旦那さんに浪費癖があり貯金も底をついてしまい夫婦関係も悪化し離婚する。

親権は旦那さんが持ち、家田荘子さんは月に約40万円もの教育費などを送金していた。

 

家田荘子さんは黒人が好きみたいです、
2人とも黒人が続いてますから、黒人好みなのでしょう。

 

アメリカを後にし日本へ帰国した家田荘子さんは、コメンテーターや作家として

活動をしていました。

 

取材先で偶然知り合った一般男性3回目の結婚されましたが、

旦那さんの不倫や金銭の問題で離婚する。

 

そして4回目の結婚をして現在に至ります、修行のために登山をしていたときに

知り合っ旦那さんで

家田荘子さんが45歳の時に結婚されてます。

 

娘さんのジュリアーナさんとは連絡を取り合っていて、関係は良好だそうです。

 

最後に

家田荘子さん 命終えるまで何度結婚してもいいと言われてます。

4度の結婚と3度の離婚を経験した家田さんは、女性にとって離婚とは「新しいスタート」だと指摘する。

 

今の時代は離婚しても後ろ指を指されないのだから、思い切って一歩前に出て、

自分がいちばん大切だと思うものを手に入れればいいと言ってます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者