高城久と高城光寿(鰻マニア)親子の職業や経歴は?おすすめの店3店?

高城久(たかしろ・ひさし)さんと
高城光寿(たかぎ・みつひさ)さん親子は

鰻マニアなのです

スポンサーリンク

親子で鰻が好きすぎて、2000食以上も食べ歩き、

〈うなぎ大好き・どっとこむ〉まで立ち上げ、また「食べログ うなぎ 百名店 2018」を発表されています。

 

鰻は夏だと思っていましたが、なんと冬の鰻も美味しいそうです。

全国津津浦浦の名店を訪ね歩いている
高城久さんと高城光寿さん親子の職業や経歴は?

おすすめの店3店など調べて見ました。

 

画像:http://www.onoresho.jp/shihan/s289/

高城久(たかしろ・ひさし)さんの経歴

職業:柏長生館高城整復院・〈うなぎ大好き・どっとこむ〉主宰

生年月日:1962年2月7日生まれ

年齢:56歳(2018年11月現在)

出身:千葉県佐倉市

出身校:帝京医学技術専門学校柔道整復科卒業

趣味:鰻食べ歩き・己書(おのれしょ)・スポーツ観戦

家族:奥さんの早苗さん・娘さん2人・息子さんが1人いてお孫さんもいる

 

高城久さんは幼少時とても病弱だったそうで、人が健康になる手伝いをしたいと思って治療家の道を選ぶ。

 

幼少期と違って中学校に入る頃にはロードレース大会に出場し、

学校代表で出場できるほどになり、高校時代はラグビー部に所属する

スポーツマンになった。

 

学校を卒業した後、自分がお世話になった治療院に弟子入りして10年間修業し、

1989年千葉県柏市に脊椎矯正療法
「柏長生館高城整復院」をオープン。

 

なんと競輪、大相撲、Jリーガーなど
プロアスリートのケアも行っている。

 

高城久さんが鰻マニアになった訳は?

生まれ育った佐倉市は鰻の名産地だそうで小さい頃から外食といえば

鰻というほど親しみがあった。

 

次第に鰻屋が減っていく現状を憂い、
2004年に一年発起してうなぎ屋さん

応援サイト「うなぎ大好きドットコム」を開設。

 

「うなぎ大好きドットコム」サイト

 

うなぎ好きから熱い支持を集めるベスト100店

「食べログ うなぎ 百名店 2018」

 

養殖うなぎ3大ブランドのお店はどこ?

●八べえ

住所:東京都 江東区 亀戸 3-2-8 宮川ビル1F亀戸天神参道

電話:03-3682-7327

営業時間:

火~土
11:30~15:00 17:00~21:00(L.O)20:30

日・祝

11:30~21:00(L.O)20:30

日曜営業

定休日:月曜

アクセス

総武中央線 亀戸駅徒歩

錦糸町駅 徒歩

ラーメンもあります

スポンサーリンク

 

View this post on Instagram

 

鰻つけめん・鰻たれ漬け煮卵増し、鰻出汁香味油別皿@八べえ【東京都江東区、亀戸駅】 2017-94杯目(4月12杯目) 八べえ@東京都江東区・亀戸 ◎鰻つけめん 2017/4 平日夜 初訪問 八べえ @東京都江東区亀戸、総武中央線亀戸駅 TP3.51東京都174江東区1[うなぎ] 江東区36[ラーメン] RDB56.9東京都3035江東区100 かねてから食べてみたかった鰻のラーメン 厳哲でたまに限定でやっててめちゃ食べてみたいけど、激減した関東出張のタイミングと合うわけない 『今年は限定で色々創作したいから食べてみたいラーメン募集』と言われる轍には無理と言われ打ちひしがれてたら、なんとこれをレギュラーでやってる鰻屋をTVで発見 これは行かねば! と思った矢先に東京出張の話が浮上、やった~ヽ(^◇^*)/ 熊本➡東京➡福島ツアーの東京2日目夜 1845到着、先客無しどころか後客も無し カウンターに着席 メニューが鰻以外も多彩(〇o〇;) 男性2名のオペレーション、年輩(と言ってもワシより全然若い)が店主と思いながら飲み食いしてたが、退店の頃合いに初老の方も現れそちらが店主っぽい 飲食リスト 【食】 ・お通し(鰻の骨) ・鰻冷しゃぶ ・カンガルーのタタキ ・鰻つけめん・鰻たれ漬け煮卵増し・鰻出汁香味油別皿 【飲】 ・生ビール×2 ・伯楽星 特別純米(宮城) ・鶴齢 純米吟醸(新潟) <合計¥8190> 麺メニューは下記 ・鰻らーめん(醤油) ・鰻らーめん(味噌) ・鰻つけめん ・鰻まぜそば 鰻重に近く「これこそ正に鰻!」という順に並べると、まぜそば、醤油らーめん、つけめん、味噌らーめんの順らしい 正直どれも食べたいが(笑)、つけ麺をセレクト ◎鰻つけめん・鰻たれ漬け煮卵増し・鰻出汁香味油別皿 煮卵は最初から半分入ってるとのことだったが、旨そうなので1個追加 トッピングメニューの中に見かけた香味油は、ラーメンにはないが、つけめんには最初から入ってるとのこと マニア心を見透かされたのか、『別皿にしましょうか?』とあちらから お~、分かってますなぁ! てことで、香味油はレンゲに入った状態 これと別に、木のレンゲ(お玉状)も出していただけたことが、ほんま分かってる♪(^^) 具材は、麺皿に煮卵1.5個、メンマ、なると、水菜、刻み海苔、つけ汁内に白葱とチャーシュー代わりの鰻兜 麺は角の取れた約1.5x3mm断面の平打ちストレート麺 加水高げでプリっとした弾力でよく締められてて喉越し良好 こういった『ラーメン屋ではないがラーメンもやってる』系のお店の強みは、料理屋としては使わないところで出汁&具を取れるところにあるが、麺だけはウィークポイントで「麺さえ良ければ・・」と思うことも多々 逆にそこだけプライド捨てて麺屋から仕入れられれば無敵のラーメンができあがる こちらの麺も小麦感だけは名だたるラーメン屋にはほど遠いが、それ以外の弾力や喉越しはハイレベルで、先のウィークポイントももう少しで克服レベル 気になる鰻つけ汁 鰻出汁は、兜、骨を除いた身からのみで取った白湯 『多くの店が骨ごとやっちゃうからエグミ・臭みが出てうまくいかん』との談(これって企業秘密?) 返しは鰻の甘ダレ 返しが甘ダレということで、全体に極度の甘味が支配するも、さらりとした低粘度白湯スープは確かに鰻♪ こんなスープ飲んでみたかったんですわ!ヽ(^◇^*)/ うま~い♪ヽ(^◇^*)/ 麺つけてい啜ると、鰻の旨味が風味と化し鼻に抜ける初めての感覚♪ 旨い! 鰻&麺好き(と言いながら鰻はめったに食べへんけど)にはたまらん! 味変アイテムとして置かれた山椒をかけると、鰻重なんか非にならんぐらいめちゃめちゃ合ってて笑ってもうた(笑) 山椒、完璧やな(^^) 別添えとなってた香味油をかけると、旨味と甘味がガツンと増して、お~、ここが一番鰻重感やねぇ! 甘味はかなりきつめだが、おもろい! チャーシュー代わりの鰻兜は炭火で焼かれた後圧力釜で骨ごと柔らかく煮込まれたもの 柔らかくとは言えやはり小骨は気になって、蒲焼きが恋しくもなったが、もちろんウマウマ♪ 鰻たれ漬けの煮玉子、めっちゃ甘い(^_^;) これは単体で酒のアテにしたらかなりいけてそうだが、甘味の強い本品では増すべきでなかった 何気に水菜が甘味の口安め役 ゴマ油まとったメンマの工夫もなかなか良かった さて、実はこれを知ってたからつけ麺を選んだ スープ割の割出汁はなんと肝吸い! 鰻白湯+肝吸いのミックススープで〆 これこそ正に鰻ワールド! しかし、やはり甘すぎる(^_^;) 鰻のタレ使わんでも冷しゃぶはめちゃくちゃ旨かったし、一般の醤油ダレかなんかでいただけたらきっと極上と思うねんけど、これはあまりにラヲタ側過ぎる意見かもなぁ ということを伝えさせていただくと、”甘さ控えめ”は言ってもらえれば対応して下さるとのことだった しかし、このお店、近所やったらめちゃ通うわ(財布と相談は必要だが) まぜそばも味噌らーめんも食べてみたい! いつになるかは分からんが、是非また来たい

Tamagoooさん(@tamagooo_1972)がシェアした投稿 –

●うなぎ 浜名

住所:埼玉県 さいたま市浦和区 仲町 2-9-2 インフィニティうらわ 1F

電話:048-832-8790

営業時間:

月・水~金
11:30~14:30(L.O13:40)
17:00~20:30(L.O19:30)

土・日・祝
12:00~14:30(L.O13:40)
17:00~20:30(L.O19:30)

日曜営業

定休日:火曜日・水曜日

アクセス

浦和駅から徒歩

●かぶと

住所:東京都 豊島区 池袋 2-53-2 池袋ESビル 1F

電話:03-3983-8608

営業時間:

予約による2部制

①17:00~ ②19:45~

※インターネット予約のみ※
現在は電話での予約受付はしていません。

定休日:日曜・祝日・木曜日

アクセス

池袋駅西口を出て劇場通りを川越街道方面に進み郵便局を目指す。

高城光寿(たかぎ・みつひさ)さんの経歴

生年月日:不明

出身地:不明

高城光寿さんの情報はまったくありませんでした、

分るのは高城久さんの息子さんということだけです。

 

職業的にも鰻の食べ歩きができる余裕の仕事なのでしょうね、

一般人なのでしょうがありません。

 

最後に

「養殖ブランドうなぎ」について。想像以上に進化しているそうですが、

稚魚の不良で値段も高くなってます、
養殖鰻がドンドン出回ればもっと安く
たべられますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者