紺野ぶるま 本名や学歴と元モデルとは?今一番下品な女芸人の動画は?

紺野ぶるま(こんの・ぶるま)さんは女芸人で徐々に人気がでてきている。

私も知ったのは「ち○こなぞかけ」でした、
最初はビックリしましたが、

 

今一番下品な女芸人と自ら言ってます、
22歳の時には幼馴染の女性と、
ブルマーを衣装とした女性コンビの

スポンサーリンク

『ブルマニアン』でライブ出演もされていましたが、

解散後は一人で活動されてますが、

ブルマーを衣装は恥ずかしくなったので止めたさうです。

 

そんな紺野ぶるま さんの本名や学歴と元モデルとは?

今一番下品な女芸人の動画など調べて見ました。

 

画像:https://www.oricon.co.jp/news/2110463/photo/4/

紺野ぶるま(こんの・ぶるま)さんの経歴

職業:漫談、一人コント

本名:門井 友里恵(かどい・ゆりえ)

生年月日:1986年9月30日

年齢:32歳(2018年現在)

出身地:静岡県→東京都

身長:172cm

スリーサイズ:B85・W67・H83

趣味:日本史研究・料理

資格:書道1段・英検3級

出身校:東京都私立女子高校→通信制高校

所属事務所:松竹芸能

 

小学生の時にやっていた習い事はピアノ、英語、バレエ、水泳、書道で、

ピアノは6~7年やっており書道も初段の段位を持つ、

 

実家はお金ちたっだのしょうね、習い事が
こんなにしているから月謝もハンパないです。

 

中学生時代3年間やっていたバドミントンでは、

東京都大会でベスト8の記録があるそうで、また、陸上競技もされていた。

 

高校は東京都内の私立女子高校に入学したが、後に退学して

通信制高校に入学されてます。

eggギャル系雑誌に興味がありギャルだったそうです、

これが原因で転向したかもしれません?

 

なんと高校生時代、結婚も約束していた彼氏が居たが破局しているが、

早くないですか。

その後タレントを目指すも

①モデル・タレント志望で最初の事務所が
ヤバイ事務所だった。

②原宿でスカウトされたのを機に移籍したが
その事務所もヤバイ事務所で退所。

③松竹芸能東京養成所入りし「モデル」の仕事もしていた。

④卒業後に松竹芸能所属となる。

 

22歳の時には幼馴染の女性と、ブルマーを衣装とした女性コンビの

『ブルマニアン』でライブ出演していたこともあったが、わずか半月で解散。

その後一人での活動となる。

 

2017年のR-1ぐらんぷりにて、初の準決勝進出。

その後復活ステージを勝ち抜いて決勝進出(結果はBブロック敗退)

2017年に第38回ABCお笑いグランプリで決勝進出。

 

スポンサーリンク

紺野ぶるま さんは「今一番下品な女芸人」

テレビのゴールデンタイムのある番組で、この「ち○こなぞかけ」を披露したが、

全部カットされた動画はこちら

※動画が消されているかもしれません

松竹芸能は下ネタに厳しい様な伝統的なものがあることから隠れてやっていたが、

ついに『お願い!ランキング』(テレビ朝日)で紹介され放送されたが、

松竹芸能の上層部も特に苦言が無かったので
続けたそうです。

 

しかしライブや賞レースでは「コミュニケーション能力の高い女」などの

キャラとしたストーリー仕立てのコントを演じている。

 

単独ライブのチラシはいずれも、グラビアDVDのジャケットのような

構成になっている。

連載では

紺野ぶるまの毎日チ○コなぞかけ(東京スポーツ 2018年4月2日から「男セン」紙面内で)見られます。

最後に

これまでにアルバイトは20種類ほどやって来たそうです、

すごく多いのですが長続きしない
テレアポが2週間ほどで終わったり、

ほとんどが短い期間で終わっている。

なぜか「仕事下手で、人より仕事の覚えが遅かった」そうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者