阿部展子パンダ飼育員の経歴や大学に結婚は?将来の夢はなに?

阿部展子(あべ・のぶこ)さんは現在
ジャイアントパンダの故郷、

中国四川省の山岳地帯には今も野生のパンダが生息するこの地域で、

パンダ200頭近くを保有しその生態や繁殖について
世界最先端の研究を行っている、

スポンサーリンク

阿部展子さんは上野動物園でも「リーリーとシンシン」の
飼育にもたずさわっており、

 

日本と中国の両方で飼育経験があるのは
阿部展子さんだけです。

 

日夜パンダと向き合い続ける阿部展子さんの
経歴や大学に結婚は?将来の夢はなに?など調べて見ました。

 

画像:https://bolonger-lab.com/8433.html

阿部展子(あべ・のぶこ)さんの経歴

職業:パンダ飼育員

誕生:1984年生まれ

年齢:34歳(2018年12月現在)

出身地:新潟県生まれ

出身大学:杏林大学外国語学部中国語コース

留学:四川農業大学卒「野生動物と自然保護区管理」学科

職歴

成都ジャイアントパンダ繁殖育成研究基地を経て、

上野動物園・飼育展示課(6年間)

現在成都パンダ繁殖研究基地

著者

パンダ飼育係

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パンダ飼育係【電子書籍】[ 阿部 展子 ]
価格:1296円 (2018/12/14時点)

スポンサーリンク

楽天で購入

 

 

阿部展子さんは3歳の頃に祖母がくれたパンダのぬいぐるみを偏愛し、

いつか、本物のパンダに逢いたいと夢見るようになった阿部さん。

 

念願の初対面は1995年に小学校の修学旅行で新潟から上京し

上野動物園を訪れたときでした。

 

高校生のときテレビで四川省・臥龍(がりゅう)のパンダ保護センターで働く

女性飼育員のドキュメンタリーを見て、

中国に行って、パンダのそばで仕事がしたいと決意し大学で中国語を猛勉強し

在学中に中国の河北大学に約1年間留学し卒業後、

 

2006年からパンダの飼育員を多数送り出している四川農業大学に留学、
留学は自費で行っています。

 

成都パンダ基地での5カ月間の卒業実習を経て、大学4年生に籍を

置きながら正式な飼育員に採用となる。

仕事は全部で約80頭いたパンダを日中は
25人の飼育員が、夜勤は7人体制で担当
するそうです。

 

研修から就職までの約1年半の間に60頭以上のパンダの飼育を経験してます。

その後、上野動物園で「リーリー」「シンシン」の飼育を6年担当。

終了後は再び中国のパンダ基地に勤務されている。

 

阿倍展子さんの結婚は?

34歳とお年頃なので結婚してるのか調べましたが、

独身のようです。

 

毎日パンダのお世話に明け暮れているということもあり、

結婚はまだかもしれませんね。

また上野動物園に帰ってきてましたが、また
中国に戻ってますから、

日本より中国での仕事を選らんでいる、将来の夢で話してます。

 

阿倍展子さんの将来の夢は?

2012年の調査で野生のパンダは
約1600頭と言われています。

 

これからのパンダ保護は、それぞれの個体の質を重視し、良質なパンダを繁殖させ、

やがて野生に返し、その生息数を増やすことが求められています。

 

「将来は中国でパンダを野性に返す仕事に携わりたい、

パンダの個体数を安定させるには、生息地を守ることが一番大切」と

話してますから日本には帰ってこないのではないでしょうか?

 

最後に

飼育員の資質は?

「動物が好きなこと」

「観察力と洞察力も大事」

それはチームで担当するので、コミュニケーション力も大切なのです。

パンダ大好きの方は挑戦するのも良いのでは
ないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

NHK大河ドラマいだてん

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者