鈴木誉志男&太郎(サザコーヒー)の経歴や大学は?お店の場所や通販は?

スポンサーリンク
企業の社長

鈴木誉志男(すずき・よしお)会長&鈴木太郎(すずき・たろう)副社長は、

本社が茨城県ひたちなか市にあるサザコーヒーの経営者なのです。

現在は茨城県や東京に14店舗運営されてます、日本では多くの
コーヒーチェーンもあります。

スターバックス、ドトールコーヒー、コメダ珈琲店、上島珈琲店他、

しかし茨城県に大人気のコーヒー店がある、その名は「サザコーヒー」なのです。

人気の秘密は南米コロンビアに自社農園を持ちコーヒー豆を栽培、

その一方で日本トップクラスのバリスタを育て上げる「本物志向」で、

業界から注目を集めている。

 

50年前に鈴木誉志男会長が始めた家族経営の小さな喫茶店だった、

最近は東京にも進出し話題になっている。

 

茨城で愛されるコーヒー店の味は、東京でも通用するのか?

そんな鈴木誉志男会長&福社長の太郎の経歴、大学、お店や通販など調べて見ました。

 

画像:https://finecafe.exblog.jp/24213204/

スポンサーリンク

鈴木誉志男(すずき・よしお)会長の経歴

役職:株式会社 サザ コーヒー 代表取締役 会長

誕生日:1942年3月生まれ

年齢:77歳(2019年)

出身大学:東洋大学法学部卒

家族:妻・社長  鈴木 美知子氏

   長男・副社長 鈴木 太郎氏

職歴

1966年(株)東京楽天地興行プロデューサー。

1969年サザコーヒー店設立。

1972年代表取締役就任。

1996年勝田信用組合理事長。

1998年コロンビアにサザコーヒー農園開設。

1999年サザコーヒー会長就任。

現在

(株)サザコーヒー取締役会長。

ひたちなか商工会議所会頭。

旧 勝田信用組合 前理事長。

ひたちなか観光物産協会会長。

東日本コーヒー組合理事。

日本コーヒー文化学会理事。

 

鈴木太郎(すずき・たろう)副社長の経歴

役職:株式会社 サザ コーヒー 代表取締役 副社長

誕生:1969年生まれ

年齢:50歳(2019年)

出身地:茨城県ひたちなか市出身

出身大学:東京農業大学卒

職歴:関西のコーヒー問屋

鈴木太郎副社長は県立高校に入学するも、
キリスト高校へ入り直して、

しかも留年して高校を卒業したのは20歳でした、その後に大学進学を

目指して東京の予備校へ通うも、

 

23歳の時に両親から「もうそろそろ働いてくれ」といわれ

得意先の関西のコーヒー問屋で2年ほど修業している、

 

当時の上司から「高卒は大卒者に意見も言えない」という言葉を聞き、

その後に東京農大農学部に入学されたのです。

 

大学2年生の時に父親がコロンビアに農園を買ったというのです。

東京農業大学卒業した1999年にサザコーヒーに入社。

 

卒業と同時にコロンビアに行くが、治安が最悪でコーヒー園の経営者は

殺されほど恐怖なスタートだった。

コーヒー園の運営に携わる一方、日本に帰ると経営も積極的に関わっております。

現在年間100日以上を産地ですごしています。

日本スペシャルティコーヒー協会の理事もつとめています。

サザコーヒーのお店や通販に安くない?

HP:http://www.saza.co.jp/

サザコーヒーは安くない高級コーヒーです、店によって多少価格が違う、

本店は

「サザ・スペシャル・ブレンド」が480円

「マンデリン」が540円

直営農園で収穫されたコーヒー豆を使った「サザ農園(コロンビア)」は590円

世界一のコーヒー『パナマ・ゲイシャ』」シリーズだ。

 

本店

茨城県ひたちなか市共栄町8−18

電話:029-274-1151

営業時間:10:00~20:00(午前10時 – 午後8時)

アクセス

JR常磐線 勝田駅東口出口

・水戸駅店

・つくば駅前店

・Lalaガーデンつくば

・水戸京成百貨店店

・水戸芸術館店・茨城大学図書館

・大洗店

・勝田駅前店

・ひたちなか商工会議所店

・茨城県庁店

・品川エキュート店

・大宮エキュート店

・東急二子玉川店

 

サザ コーヒー通販は?

通販サイトはコチラ

メンテナンスのお知らせ

 

楽天ふるさと納税でサザ コーヒー通販はコチラ

5000円

10000円

20000円

30000円

 

最後に

サザコーヒーではコーヒー豆は200グラムで1500円もするが、全店合わせて1カ月に
1000個以上も売れる、

本物のコーヒーを求める方が多いのです。

チョット贅沢して飲んで見ます。

タイトルとURLをコピーしました