加藤庸子は脳外科医で経歴に藤田医科大学の場所は?ゴッドマザーの活動は?

加藤庸子(かとう・ようこ)先生は藤田医科大学ばんたね病院院長補佐です。

毎年13万人もの患者が命を落とす脳卒中。

 

中でも加藤先生の専門は、脳の血管が破裂しその出血が脳を圧迫する、

くも膜下出血を未然に防ぐ「クリッピング術」で、世界が認める権威である。

スポンサーリンク

「脳外科のゴッドマザー」

と呼ばれているのです。

 

加藤庸子先生は2006年に脳神経外科において日本で最初に女性の教授となり、

2012年9月には「日本脳神経外科学会」の初の女性理事に選出。

 

女性脳外科医では世界一と言われる手術数1300例以上を誇る権威であるのです。

 

その技を見たいと世界中から医師が駆けつけ講演の要望は世界各国から寄せられている。

そんな加藤庸子先生のゴッドマザーや経歴に藤田医科大学の場所や問い合わせなど

調べて見ました。

 

画像:https://yo-san-chi.info/?p=1085

加藤庸子(かとう・ようこ)先生の経歴

役職:藤田医科大学ばんたね病院院長補佐

誕生:1952年生まれ

年齢:66歳(2019年)

出身地:愛知県

出身大学:愛知医科大学医学部卒業

結婚:独身

職歴

●1978年に愛知医科大学 医学部 卒業

●1980年に名古屋保健衛生大学 脳神経外科教室 研修医

●1981年に足利赤十字病院 脳神経外科

●1981年に中華人民共和国 蘇州医学院付属第一病院 脳神経外科 留学

●1982年にトヨタ病院 脳神経外科 局長

●1984年に藤田学園保健衛生大学 脳神経外科 研究助手

●1985年に脳神経外科認定医 取得

●1986年にオーストリア、グラーツ大学 留学

●1991年に藤田学園保健衛生大学 医学部 脳神経外科学講座 講師

●2000年に藤田保健衛生大学 医学部 脳神経外科学講座 助教授

●2006年に藤田保健衛生大学 医学部 脳神経外科学講座 教授

●2008年に藤田保健衛生大学病院 救命救急センター 副センター長兼任

●2010年に藤田保健衛生大学病院 救命救急センター センター長

●2014年10月に藤田保健衛生大学 ばんたね報德會病院 脳神経外科

●2016年に藤田保健衛生大学 ばんたね報徳會病院 院長補佐

■また、2012年には日本脳神経外科学会で初の女性理事に選出されて、

女性医師が結婚や出産後も仕事を続けられるよう尽力、

藤田保健衛生大学では、子育て中の女医は
週20時間の短時間就労が認められている。

最近医学部入試問題がありましたね、女性
の受験生はマイナスにされ落第。

他の医科大学も女性の医師に結婚、出産など配慮されていれば、

もっと質の良い医師が誕生してるのです。

スポンサーリンク

加藤庸子先生の藤田医科大学の場所は?

HP:http://neuron.bantane-hospital.info/

加藤庸子先生は現在も週三回以上手術をこなし後進の育成に力を注いでいる。

外来診療日はコチラ

http://neuron.bantane-hospital.info/introduction/staff

住所:愛知県名古屋市中川区尾頭橋三丁目6番10号

電話:052-323-5970

アクセス

JR東海東海道本線尾頭橋駅および名古屋市営バス・三重交通バス尾頭橋停留所から徒歩5分

JR東海・名鉄・地下鉄金山駅から徒歩15分

加藤庸子先生のゴッドマザーの活動は?

●加藤庸子先生は、くも膜下出血を未然に防ぐ「クリッピング術」のスペシャリスト。

●2006年に脳神経外科において日本で最初に女性の教授となり、

●202年9月には「日本脳神経外科学会」の初の女性理事に選出された。

●アメリカ セントルイス大学医学部で、
自ら行った手術を英語で解説する講演を行う。

●女性脳外科医では世界一と言われる手術数1300例以上を誇る権威である。

●自分の経験を教訓に女性医師が結婚や出産後も仕事を続けられる環境を日本脳神経外科女医会を発足する。

●2014年に藤田医科大学ばんたね病院院脳神経外科に勤務地を移動し、

脳血管障害、特に未破裂動脈瘤、生まれつきの脳動静脈奇形、脳梗塞、脳の検診なども含めた脳血管障害を中心とした、

部門設立を目的として新講座及び脳血管ストロークセンターを設立した。

 

加藤先生のはこのように語ってます

「私は特別だと思われているみたいですが、自分ではそうは思わない。

仕事が趣味みたなところがあるから、全然苦じゃないのね。

呼吸するために泳ぎ続けなければならないマグロみたいなもの。

患者ファーストで、努力していることが普通の状態なので、

立ち止まってはいられません」

「医師にとっては、たくさんいる患者さんのなかの一人でも、患者さんにとって主治医は 1人だけ。

自分をちゃんと見ていてほしいと願っています。 でもそうするためには、医師は強い体力と精神力がなければなりません。」

このように語ってますから患者さんは安心して手術をお願いするのです。

最後に

加藤先生は

「ゴッドマザー」

「ゴットハンド」

と言われてますから結婚より仕事を選び、男性社会の外科分野で女性が第一線で、

活躍するには、技術的にも優れて無くては
なりませんが、

これからも後進の指導で全国に安心できるい医師を育ててください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

NHK大河ドラマいだてん

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者