伊本貴士(AI・IoT評論家)の経歴や大学に職業がスゴイ?AI・IoTとはなに?

伊本貴士(いもと・たかし)さんは
「AI・IoT評論家」なのですが、

メディアスケッチ株式会社代表取締役 社長でもあります。

「AI・IoTって何!?」と時代についていけてない感んじがするのは
私だけでしょうか?

スポンサーリンク

伊本貴士さんはその「AI・IoT」は
いま話題の最新技術は、

世の中を大きく変えると言われています。

 

それは企業にとって危機でもあり、逆に大きなチャンスでもあのです。

こんな統計が出てました、これから日本で起こると予想されていること。

 

●2020年、日本の女性の2人に1人が50歳以上になる

●2022年、3世帯に1世帯が1人暮らし(特に高齢者の一人暮らしが増える)

●2024年、全国民の3分の1が65歳以上になる

●2025年、東京都の人口が減少し始める

●2027年、輸血不足で手術が不可能になる

●2033年、住宅の3戸に1戸が空き家になる

これらにより今、「ドローン宅配」「AI家電」「遠隔医療」「スマート農業」

「スマート経営」「自動走行」などが、さかり研究されています。

 

そこで「AI・IoT」はいま話題の最新技術は、世の中を大きく変えると言われている、

伊本貴士さんは「AI・IoT」を活用し開発のアドバイスをされている。

 

そんな伊本貴士さんの経歴や大学に職業がスゴイ?AI・IoTとはなに

など調べて見ました。

 

画像:https://lpi.or.jp/news/event/2010/01/event_2010011…

伊本貴士(いもと・たかし)さんの経歴

職業:メディアスケッチ株式会社代表取締役 社長

株式会社コーデセブンCTO(兼務)

誕生:1978年生まれ

年齢:41歳(2019年)

出身地:奈良県橿原市

出身大学:未公開

資格:情報処理技術者試験(応用情報)/情報処理技術者試験(ネットワーク)

家族:妻・お子さん3人
役職;

・サイバー大学客員講師

・日経技術者塾講師

・日経ビジネス講座講師

・日経エンジニアスクール講師

・IoT検定制度委員会技術主幹

・サートプロ株式会社研修講師(IoT)

・情報処理技術者試験ネットワークスペシャリスト

・横浜経済支援財団 技術アドバイザー

・MGTカレッジスクール 講師

あまりにありすぎてスゴイ方なのだと感心しました。

職歴:

●2000年にNECソフト入社
NECソフト株式会社にて、WebサイトやLinuxを構築する仕事に従事。

●フューチャーアーキテクト株式会社にてITコンサルタント、携帯向けSNSを作るベンチャー企業の情報戦略部長。

●2009年にメディアスケッチ株式会社を設立。

Webサイトの開発やプロジェクトマネジメント、ITシステムのコンサルティングなどを行なう。

スポンサーリンク

●2011年にソーシャルメディアの企業活用を促進する活動の一貫として、自社ブランドのSMO研究所を立ち上げ、企業や各種団体へのソーシャルメディアの講座などを積極的に行なっている。

 

出身高校・大学が未公開の理由は?

伊本貴士さんは、サイバー大学客員講師もされていて、

人材を確保する方法についてこのようにはなしてます。

「出身校や出身学科ばかりを気にする
企業は、近い将来淘汰されるでしょう。」

このように言われておりますから、あえて
自信の出身校を未公開にされているのでは
ないでしょうか。

 

伊本貴士さんの役職を見る限りは有名な大学出身なのではないでしょうか?

伊本貴士さんのAI・IoT評論家って何?

AI(エーアイ)とはArtificial Intelligence

「人工知能」、人間の脳で行われている作業をコンピュータが模倣して、

人間の自然言語の理解や論理的な推測、経験からの学習などをするプログラムの

ことを指します。

 

IoT(アイオーティ)とはモノのインターネット化

Internet of Thingsにより、インターネット経由でセンサーと通信機能を持ったモノ達、

 

例えば、ドアが「今、開いているよ。」、
工場内の機械が「調子が悪いよ。故障しそうだよ。」、
植物が「水が欲しいよ。」、

猫の首輪が「今トイレにいるよ。」等と
つぶやき始めるのです。

これらの情報をインターネットを介し
様々な場所で活用することができます。

 

IoTは、「インターネット」と繋がったモノだけではなく、「スマートフォン」と

連動するモノもIoTと呼ばれている。

 

※AI(人工知能)は「データを分析して活用するもの」

※IoTは「データを収集するもの」

 

IoTが本格的に導入されていく中で、IoTデータもAI(人工知能)による

分析に活用されるようになった。

近い将来、多くのモノが今以上にインターネットとつながり、

その2つは今後さらに融合していく、

伊本貴士さんはリアルな実態がつかめなかった社会の問題をあらゆるデータの

収集したことで解決することができたり、

私たちの生活がより向上していくようになるための仕事です。

 

最後に

最新技術は、世の中を大きく変えると言われています。

それは企業にとって危機でもあり、逆に大きなチャンスでもある言われてます、

どんな世界になるのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ なつぞら

NHK朝ドラ なつぞら

NHK連続テレビ小説「なつぞら」奥原なつ(広瀬すず)の
実在モデルはだれなのか?

NHK大河ドラマいだてん

NHK朝ドラ スカーレット

NHK朝ドラ スカーレット

NHK朝の連続ドラマ小説スカーレット川原喜美子(戸田恵梨香)のモデルは神山清子さんの半生

忍者