小島靖久(ドライフルーツ)のお店や通販は?経歴に大学や美容効果に人気?

小島靖久(こじま・やすひさ)さんは、
上野アメ横小島屋の3代目店主です。

 

創業は1956年でナッツ、ドライフルーツの卸問屋なのです。

小島靖久さんはなんと1000種類以上のドライフルーツを食べている、

したがってお店には世界中から「トップクラスの品質」の

ドライフルーツが集まっているのです。

スポンサーリンク

最近は外国の料理の店が増えているなか、ドライフルーツや

木の実などを扱っている店として、

新しいお客さんを取り込もうとインターネットでの販売を開始、

 

いまでは店頭販売を超えるまでになっているという。

そんな小島靖久さんのお店や通販は?経歴に大学や美容にも良いなど

調べて見ました。

 

画像:https://www.bibeaute.com/article/202054

上野アメ横 小島屋(株式会社小島屋)の場所は?

ドライフルーツとナッツの専門店

住所:東京都台東区上野6-4-8

営業時間:10:00?18:30

定休日:年中無休

電話番号:03-3831-0091

ホームページ

https://www.kojima-ya.com/

アクセス

・JR山手線 御徒町駅(北口出口)から  徒歩

・JR山手線 上野駅(中央改札出口)から 徒歩

・銀座線  上野広小路駅から 徒歩

・日比谷線 仲御徒町駅から  徒歩

・大江戸線 上野御徒町駅から 徒歩

通販は楽天で販売してます

スポンサーリンク

 

小島靖久(こじま・やすひさ)店主の経歴

職業:上野アメ横小島屋の3代目店主

年齢:未公開

出身地:東京都

出身大学:慶應義塾大学卒

職歴

慶應義塾大学卒後にソニー・コンピュータ・エンタテインメントプレイステーション
入社。

会社で営業、営業戦略、マーケティングの格部署を約7年間在籍。

その後は実家の会社の小島屋へ入社。

2004年にECを立ち上る。

 

楽天市場内では知る人ぞ知る 超有名店舗の店長。

 

小島靖久さんはナッツとフルーツの卸問屋の子供として生まれました。

両親ともに働いていたので、小さい頃は学校から帰るとまず自宅ではなく

家族が働くアメ横のお店へ行っていた。

 

食べ物商売をやっていたので祖父と父親とも食通だった。

その影響で小さい頃から食通になっていたために、

ハムカツが美味しいと聞けば王子まで食べに行き、

また美味しいウナギが食べたくなり、千葉の勝浦まで行って食べていたそうです。

 

これは完全な食通ですが、笑ったのは電車でなく自転車で行って

お尻が痛かったそうです。

 

慶應義塾大学時代の趣味は海外旅行。

旅行先でも色んなものを食べ歩いたが、
大人になっても食べ物への好奇心は旺盛だそうです。

 

ドライフルーツは美容にも良い?

榎戸 淳一(えのきど・じゅんいち)氏は

・株式会社ES-ROOTS 代表取締役

・山野美容芸術短期大学 非常勤講師

・フルーツルーツ 代表取締役社長

・沖縄県エステティック・スパ協同組合 理事

などされている。

ブログ:https://www.fruitsroots.com/blog/

 

榎戸社長 は業界では超有名な方で、
学芸大学のオーガニックコスメ&エステサロン

フルーツルーツ [fruits roots] を

経営されていらっしゃいます。

 

小島さんがオススメするドライフルーツの1つに「フルーツルーツ」の

ドライフルーツが入っているのです。

店内には?

フルーツルーツオリジナルのコスメがぎっしりある。

興味のある方はこちら

HP:https://www.fruitsroots.com/

 

最後に

女性の方は良く食物繊維がたっぷりあるのでお通じに良い、

プルーンは貧血にも良いとして、

しかしトルコいちじく、マジョールデーツ、なつめ、サンザシ等

いろいろあるのですが、体に良いのだそうです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。