黒川伊保子(妻のトリセツ)の経歴や大学と子供は?女性は心の通信線とは?

黒川伊保子(くろかわ・いほこ)さんは
脳科学コメンテーター、実業家、エッセイスト。

感性リサーチ代表取締役社長で日本BS放送番組審議会委員もされている。

黒川伊保子さんの「妻のトリセツ」が
ツイッター上で話題となってました。

スポンサーリンク

妻の不機嫌や怒りの理由を前提に、夫側からの対策をまとめた、

妻の取扱説明書だが男性向けに出版されたが、女性に人気となっている。

女性側からの違和感を訴える声

「ケンカをした時『あっち行って!』→あなたのせいでむちゃくちゃ傷ついたの

『謝って!慰めて!』」「妻に怒っている理由を聞いた時『なんでもない』→私怒っているんですけど

『放っておく気なの?』」「夫が妻に不満を言った時:全部私が悪いんだよね…→え!?私が悪いの?私のせいなの?『あなたのせいでしょ』」

「妻のトリセツ」は恐妻家を救う必読書です。

そんな黒川伊保子さんの経歴や大学と子供は?

女性は心の通信線とはなど調べて見ました。

画像:https://www.sanyo-chemical.co.jp/pr/2017/11/Interv…

黒川伊保子(くろかわ・いほこ)さんの経歴

職業:脳科学コメンテーター、実業家、エッセイスト

誕生:1959年生まれ

年齢:60歳(2019年度)

出身地:長野県(育ちは栃木県)

出身高校:國學院大學栃木高等学校

出身大学:奈良女子大学 理学部物理学科卒業

職歴

(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリに入社。

14年間勤務し、AI(人工知能)の開発を通じて

【脳とことば】

の研究を始める。

その後コンサルタント会社勤務。

民間の研究所勤務。

2003年に(株)感性リサーチを設立、代表取締役に就任。

黒川伊保子さんは國學院大學栃木高等学校は、国立理系のクラスで

中高一貫制高校です。

奈良女子大学卒業後は(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリに入社。

14年間勤務し、AI(人工知能)の開発
の研究を始める。

その後コンサルタント会社勤務。

民間の研究所勤務。

2003年に(株)感性リサーチを設立、代表取締役に就任。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

妻のトリセツ (講談社+α新書) [ 黒川 伊保子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/3/12時点)

楽天で購入

 

 

女の機嫌の直し方 [ 黒川 伊保子 ]

スポンサーリンク

楽天で購入

 

黒川伊保子さんの結婚と子供は?

黒川伊保子さんは結婚されており、息子さんが1人おられます。

旦那さんの情報はありませんが、
1991年8月に出産されており、

息子さんの年齢は27歳(2019年3月現在)ですから、

社会人となります。

夫については

「育児に参加する気がないと思っていたのに、気が付いたら保育園の遠足の付き沿いをどちらが行くかじゃんけんで争うくらいのイクメンになってた。」

と書いてありますが旦那さんやお子さんの情報は少なく、分った範囲で書きました。

こんな書き込みがありました。

黒川伊保子さん女性は心の通信線とは?

夫がひとこと言えば10倍返し妻はいつも不機嫌で、理由もなく突然怒り出す。

いま妻から受ける「精神的な虐待」を訴える男性が急増中なのです。

黒川伊保子さんは35年間人工知能を研究されてます、

男性と女性では、掛けてほしい言葉がまったく違う。

褒めたつもりが「皮肉なの」と睨まれ、気を利かせた手伝いが

「余計なことして」とキレられる。

●女性脳は「心」と「事実」という2本の通信線をつかっているのです。

男性は「事実」についてやり取りする
男性は「言葉」にして伝えてもらわなければわからない、

こんな男女の違いがあるのです。

司法統計によると、夫から申し立てる離婚の動機として「妻からの精神的虐待」が急上昇している、

2006年/6位→2017年/2位)。

いまなぜ「妻が怖い」「妻から逃げたい」と訴える男性が急増している、

なるほどと思ったでしょうが、私も妻が
昔の言った言葉がケンカすれば出てくる
のが分りました。

原因は「テストステロン」の現象?

実際のデーターではここ30年ほどで、男性のテストステロン分泌量が

減少していると指摘されています。

テストステロンとは闘争心を作り出すホルモンですが、

逆に女性には増えていると報告されているのです。

つまり男性の活力が下がって、女性が上昇していることになるのです。

なぜ妻が昔のことを詳細に記憶しているのは、記憶力の多寡ではなく

男性脳と女性脳の違いによるものです。

女性は体験を脳にしまい込むときに、その状況を感情というか「こころ模様」を

キーファクターにして記憶します。

そしてある感情が沸き起こったとき、そのこころ模様に紐づいている記憶が一気に連なって脳によみがえってくるのです。

なんと「その速さ0.6秒」とも言われるほどです。

女性は50年前のこともいま言われたかのように瑞々しくよみがえってくる、

夫にひどい仕打ちをされたとき、どんな服を着ていて、

こういう場所で、ああ言われたなんて、そのときの天気も憶えている。

夫の言動に不愉快な感情が沸き起こると、そのたびに過去すべての

不快に思った記憶がカムバックしてくる、

これは恐怖しか無いことがわかりました。

そこで夫は妻には“心の通信線”が存在していると理解することです。

解決方法は夫側は事実を肯定するときも否定するときも、まずは妻の心根の部分だけは認めてあげるのが良いのです。

おたがい面倒くさいですが、妻に「共感」のプレゼントをしてあげること、

女性脳の大きな特徴は、共感欲求がとても強いことです。

最初は「うんうん、わかるよ」とひたすら共感することから始めると、

共感する振りでOKなのです。

最後に

黒川伊保子さんにトリセツを理解すれば
いくらかは改善されるかも?

私も実際妻とのケンカになれば昔の忘れていた一言が」今だ言われてます、

これで解決できるのか、試して見たいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ なつぞら

NHK朝ドラ なつぞら

NHK連続テレビ小説「なつぞら」奥原なつ(広瀬すず)の
実在モデルはだれなのか?

NHK大河ドラマいだてん

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

忍者