渋沢栄一(新一万円)の経歴に子孫は?名言や記念館の場所はどこ?

1万円札、千円札、千円札を2024年から流通させる方針を固めたそうだが、

1万円の渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)
とはどんな人物だったのかしりたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第一国立銀行や東京証券取引所など多種多様な企業の設立や経営に関わり

「日本資本主義の父」ともいわれかたである。

幕臣、明治政府の官僚を経て実業家となり生涯で500余りの会社を設立した。

そんな渋沢栄一の経歴や子孫や記念館など調べて見ました。

画像:://kotobank.jp/word/%E6%B8%8B%E6%B2%A2%E6%A0%…

渋沢 栄一(しぶさわ・えいいち)の経歴

職業:幕臣、官僚、実業家、教育者

誕生日:1840年3月16日生まれ

没:1931年11月11日(満91歳没)

出身地:武蔵国榛沢郡血洗島村
(現埼玉県深谷市血洗島)

父親:渋沢市郎右衛門元助

母親:渋沢エイ

渋沢 栄一は長男として生まれるが、

幼名は栄二郎→栄一郎→篤太夫→篤太郎を名乗っていた。

家は藍玉(あいだま)製造販売と養蚕業(ようさんぎょう)に米、麦、野菜の生産も手がける豪農だった。

幼少より論語学び、青年時代は攘夷思想に固まり倒幕をくわだて、

最後の徳川将軍・慶喜に見い出され、欧州先進国の文明を見聞し、多くの産業を興し、私利を追わず公益を図るという考えを貫いた。

株式会社という名前さえ知らない明治時代に、「日本の国作りには株式会社が必要」

と多くの産業、会社を創設した。

また、社会活動にも熱心で日本赤十字社や孤児院、養育院の設立や大学の設置、

医療施設の設立等、弱者の救済や、学問の普及、病院など社会保障システムの確立にも関わっている。

渋沢栄一の名言

●人を選ぶとき、家族を大切にしている人は間違いない、仁者に敵なし。

私は人を使う時には、知恵の多い人より人情に厚い人を選んで採用している。

●夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、

計画なき者は実行なし実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、

ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず、一人ひとりに天の使命があり、

その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

関連サイト

津田梅子(津田塾創始者)は美人で生涯独身の経歴は?お墓の場所はどこ?

渋沢栄一の子孫は?

渋沢栄一は生涯2度の結婚をしました。

また本妻以外にも妾妾 (めかけ)がおり、渋沢栄一は家系図から庶子を含め

約50人の子供がいたとされています。
よって現在でも多くの渋沢栄一の子孫たちが活躍されています。
当時は財力がある方はこれが当たり前の時代だったのです。
今の時代では考えられないですね、

●先妻・千代

尾高惇忠の妹であるため、栄一とは従兄妹同士という事になります。
3人の子供が誕生するも、千代は亡くなりました。
長男:篤二

先妻・千代から誕生した長男
伯爵・橋本実梁の娘・敦子と結婚するも、子供や妻を置いて家を出ると、新橋の芸者・玉蝶と暮らした。
長女:歌子
先妻・千代から誕生した長女

法学者・穂積陳重男爵に嫁ぐ。
次女:琴子

先妻・千代から誕生した次女

大蔵大臣・阪谷芳郎子爵に嫁ぐ。

●後妻:兼子
先妻・千代が亡くなり、再婚しました。

武之助、正雄、愛子、秀雄が誕生しています。
後妻・兼子の長男・武之助は

石川島飛行機製作所2代目社長となってます。
後妻・兼子の次男・正雄は
日本製鐵副社長と石川島飛行機製作所初代社長をしていた。

後妻・兼子の三男・秀雄は

東京宝塚劇場会長、東宝取締役会長をしていた。

後妻・兼子の長女・愛子は

スポンサーリンク

第一銀行社長の明石照男に嫁ぎます。

●庶子(しょし)正室ではない女性から生まれた子供

・庶子:ふみ ・ 母は大内くに(1853年 – ?)。
東洋生命社長となった尾高次郎に嫁ぐ

次郎は栄一の妻千代の兄尾高惇忠の子。
・庶子:照子(? – 1927年)母は大内くに。
富士製紙社長となった大川平三郎に嫁ぐ。平三郎は栄一の妻千代の姉の子。
・庶子:星野辰雄(1893年 – ?) 東京印刷社長・星野錫の養子になり、のち立教大学教授。
栄一の長女歌子の夫穂積陳重の弟穂積八束の次女と結婚。
・庶子:長谷川重三郎(1908年 – 1985年) 第一銀行頭取。
・養子:平九郎(? – 1868年) – 栄一の妻千代の弟。飯能戦争で新政府軍に敗れて自決。
●孫

・穂積重遠h 歌子の長男。

法学者、最高裁判事。

・穂積真六郎は歌子の四男。

朝鮮総督府殖産局長から朝鮮商工会議所会頭。のち参議院議員。
・阪谷希一 は 琴子の長男。

満州国総務庁次長。

中国聯合準備銀行顧問。
・渋沢敬三 は篤二の長男。

子爵、民俗学者、澁澤同族社長、澁澤倉庫取締役、第一銀行副頭取、日銀総裁、大蔵大臣。
父・篤二の廃嫡後に祖父・栄一より後継者に指名される。
・渋沢信雄 は 篤二の次男。

貿易商。

澁澤倉庫監査役、妻は音楽教育家齋藤秀雄の妹。
・渋沢智雄 は 篤二の三男。

澁澤倉庫常務。
・鮫島純子は正雄の次女。

鮫島員重(岩倉具視の曽孫、鮫島具重の子)の妻。
『祖父・渋沢栄一に学んだこと』『なにがあっても、ありがとう』など著書あり。
・明石正三は 愛子の三男。

足利銀行監査役。

・明石武和 は愛子の七男。

味の素常務。
・渋沢一雄は秀雄の長男。

アコーディオン演奏者、音楽家。
・渋沢華子は 秀雄の三女。

小説家。

・尾高豊作はふみの長男。

実業家、教育者。

・尾高朝雄 はふみの次男。

法哲学者。
・尾高邦雄 はふみの三男。

社会学者。

妻は哲学者和辻哲郎の娘。
・尾高尚忠はふみの四男。

指揮者、作曲家。
●曾孫

・渋沢寿一 はNPO法人樹木環境ネットワーク協会専務理事。

・渋沢雅英は 敬三の長男。

渋沢栄一記念財団理事長、東京女学館理事長、イニシアティブス・オブ・チェンジ顧問。
・阪谷芳直は銀行家、エコノミスト、思想家、翻訳家。

・穂積重行 は西洋史学者。

・岩佐美代子は 国文学者。

・石黒孝次郎は古美術商、レストラン経営者。

・久留都茂子は東京女学館短期大学学長。

・尾高煌之助は経済学者。

・尾高惇忠 は 作曲家。

尾高忠明は指揮者。

・河野典子 は 河野雅治駐ロシア特命全権大使の妻。

・大川慶次郎は 競馬評論家。

・諸井勝之助 は会計学者。

・諸井貫一(渋沢家・尾高家の遠戚)の婿養子。

渋沢栄一記念館は?

血洗島の地名が残る地に渋沢栄一記念館(深谷市血洗島)

2階建ての大きな建物の1階入口近くに渋沢栄一記念館がある。渋沢栄一の生い立ちや、業績、文献,書等が幅広く展示されている。

住所:埼玉県深谷市下手計1204

電話番号::048-587-1100

見学時間:午前9時~午後5時

利用料金:資料室の見学は無料

アクセス

最寄駅:JR高崎線深谷駅または岡部駅

・バス:JR深谷駅北口から約30分(深谷市コミュニティバス・くるりん北部定期便(乗車定員12名)「渋沢栄一記念館」バス停下車すぐ)

車:関越自動車道花園ICから約40分

本庄児玉ICから約30分

北関東自動車道太田藪塚ICから約40分

駐車場

建物南側に約75台の駐車場があります(大型バスも可)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ スカーレット

NHK朝ドラ スカーレット

NHK朝の連続ドラマ小説スカーレット川原喜美子(戸田恵梨香)のモデルは神山清子さんの半生

NHK大河ドラマいだてん

NHK朝ドラ なつぞら

NHK朝ドラ なつぞら

NHK連続テレビ小説「なつぞら」奥原なつ(広瀬すず)の
実在モデルはだれなのか?

忍者