辛酸なめ子は漫画家で本名や経歴に結婚は?皇室ウオッチャーでプチ旅行もひとり?

スポンサーリンク
特集・ドキュメント

辛酸 なめ子(しんさん・なめこ)さんは漫画家、コラムニストとして活躍するほか、コメンテーターとしてテレビ番組にも出演している。

また本名の「池松江美」名義で執筆やアート作品の制作もしている。

辛酸なめ子さんはフリーランスとして活動しながら、26歳で1軒目を、32歳で2軒目のマンションを購入したという。

1軒目のマンションは荒川区で720万円の物件で広さは30㎡くらいで、間取りは2DK。

安い物件のエピソード

●お札がびっしり貼られていた。

●霊現象はイラストを描いている時に、異様な眠気に襲われて、意識がなくなり目覚めると、そこには、恨みがましい怖い顔をした女の人が描かれていた。

●金縛りにあったり、外から祭り囃子が聞こえてきた。

結局5年で引越ししたそうです。

そんな辛酸 なめ子さんの本名や経歴に結婚は?皇室ウオッチャーでプチ旅行もひとり?など調べて見ました。

 

スポンサーリンク

辛酸 なめ子(しんさん・なめこ)さんの経歴

職業:漫画家、コラムニスト

本名:池松 江美(いけまつ・えみ)

誕生日:1974年8月29日生まれ

出身地:東京都千代田区生まれ埼玉県育ち

出身高校:女子学院中学校・高等学校

出身大学:武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業

趣味:陰謀論や都市伝説の探究

結婚:独身

 

辛酸 なめ子さんは子供の頃からヨーロッパの貴族を題材にした漫画などを描いていたそうです。

女子学院中学校・高等学校(中高一貫校)に入学、高校時代に勉強がいやになり、美術系の武蔵野美術大学短期大学部に入学、

デザイン科グラフィックデザイン専攻。

在学時に中ザワヒデキの事務所でアルバイトをするかたわら、様々な創作活動を行なっていた。

1995年にはWebサイト『女・一人日記』を開設する。

1994年に渋谷パルコのフリーペーパー『GOMES』主催のGOMES漫画グランプリでGOMES賞を受賞。

2008年7月30日、おおひなたごう主催の『第1回ギャグ漫画家大喜利バトル』に出演し準優勝。

アート作品は、自身が女性であることを逆手にとった作品、

おっとりとした文体とは裏腹に、独特な画風と皮肉の効いたコラムで人気を

博しており、「ガーリーな毒」と称される。

『週刊文春』の「ヨコモレ通信」、サイゾーの『女・一人修業』他、新聞・雑誌に多数の連載を抱えている。

辛酸なめ子さんの結婚は?

辛酸なめ子さんは独身です、結婚しない理由は「性格もある」?

本人は結婚せずに独身を貫きたいとのことです。

性格は超まじめで仕事中毒だそうで、現在も月に20本の連載をかかえている現状。

辛酸なめ子さんは性格で仕事を休みたいと思うことも無いそうです。

結婚は今のところは仕事と結婚しているようです。

辛酸なめ子さんは皇室ウオッチャーの一人とは?

ウオッチャーとは観察者、観測者、見張り人の意味ですが、

辛酸なめ子さんは黒田清子(旧名:紀宮清子内親王)のファンなのです。

彼女の皇族時代には皇居の新年一般参賀に出向いたこともある、

令和最初の一般参賀にも参加されており

辛酸なめ子の詳細リポート

新天皇陛下の御即位をお祝いする一般参加が皇居にておこなわれました。皇室ファンの私は新元号になる前日も、つい皇居の前まで行ってしまい、とくになにもなく帰ってきましたが、2019年5月4日の一般参賀では宮殿の前でお姿をガラスごしに拝見することができます。

10年以上一般参賀に通っているリピーターとして、行かないわけにはいきませんが、懸念していたのは連日のメディア露出。国民行事か! というくらい、ワイドショーやニュースで“御即位一般参賀”について報じていたので、かなりの人数が集まることが予測されました。

当日は朝8時頃に東京駅に到着。いつもなら2時間もあれば10時のお出ましに間に合うところですが、東京駅から丸の内側の出口を出ると、信号の先にはすでに列が出来ているのが見えました。

他の続きはこちら

https://gqjapan.jp/culture/celebrity/20190509/reiwa-nammeko

平成最後の一般参賀レポートはこちら

https://gqjapan.jp/culture/column/20190108/new-years-greetings

辛酸なめ子さんの著書





 

辛酸なめ子さんカフェ巡り、プチ旅行もひとりが楽しい!

漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんも、かねてからソロ活を楽しんでいる達人だ。

「私は独身ということもありますが、もともとひとりの時間が好きで、自然とソロ活をしていました。

でも最近、ひとりで楽しむことを欲し、その自由を知っている人が増えたと実感しますね」

たとえば、カフェでひとりで過ごす女性が多く見られるようになったという。

さらにコロナを経験したことで、ひとり時間が大切だということを、より多くの人が気づいたと思うんです。

私はかねてから、家族やパートナーがいても、人生は“個”が単位であることを自覚するべきだと思っていて、そうすると、人間関係も整理されるんです。

だって、「気の合わない人と無理につきあうより、ひとりで楽しむことを選んだ方が、精神衛生上ずっといいですから」

最近は東京・墨田区の『東京ミズマチ』によく行きますね。

東京スカイツリータウンと浅草の間に昨年オープンした東武鉄道高架下の商業施設で、カジュアルダイニングやカフェなどが並び、天気のよい日は隅田川沿いの散歩が心地いいんです。

ここのカフェで仕事をしたり、ショッピングを楽しんでいるという。

葛西臨海公園駅(JR京葉線)『Ff』や、埼玉県の『ところざわサクラタウン』などにも足を延ばしては、プチ旅行気分を味わっている。

また、最近“プチ旅行”として特にハマっているのが、京急電鉄が発売している『みさきまぐろきっぷ』を活用したひとり旅だという。

「神奈川県の三浦半島をお得に巡れる切符なんです。遠くに行かなくても、特別なことをしなくても、ひとりの時間を楽しめれば、ソロ活は成功だと思っています」

https://www.news-postseven.com/archives/20210404_1648650.html/2から抜粋

タイトルとURLをコピーしました