二宮涼太郎(オーケー)の経歴に大学や創業者 飯田勧会長は?便利な試みとは?

二宮涼太郎(にのみや・りょうたろう)社長は首都圏でディスカウント型

食品スーパーで、

関東地方と宮城県に店舗(オーケーストア)を有する。

2021年までに売上高を6000億円までに拡大する計画も打ち出している。

顧客満足度調査のスーパーマーケット部門で、7年連続1位を獲得しており、

オーケーは安さが強みだ、「調味料などナショナルブランド(NB)が安い」と

評価する声は多い。

スポンサーリンク

オーケーでは競合店よりも店頭価格が高い場合、同額まで下げることを徹底している。

全店で扱う京野菜。売り場を順次広げ、年間を通じて10?20種類を販売し農家から

直接仕入れることでコストを下げ、

精肉もA4ランク以上の国産黒毛和牛をそろえつつ、一頭買いで

仕入れコストを抑えている。

お客さんのコメント 

・「ここに来れば損することはない」
・「顧客に対する正直さ、誠実さを感じる」
・「野菜も新鮮で、味もしっかりしている」  

極めて集客力の高い首都圏のローカルスーパーとして知られている。

そんな二宮涼太郎社長の経歴に大学や創業者
飯田勧会長は?便利な試みとはなど調べて見ました。

画像:https://appadvice.com/app/e3-81-8a-e5-8f-8b-e9-81-…

二宮涼太郎(にのみや・りょうたろう)社長の経歴

役職:オーケー株式会社 代表取締役社長

誕生日:1974年1月5日生まれ

年齢:45歳(2019年度)

出身地:神奈川県

出身大学:東京大学文学部卒業

職歴

1997年4月に三菱商事㈱入社

2008年11月にMitsubishi Cement Corporation/MCC Development 出向(米国)

2013年4月に三菱商事㈱ リスクマネジメント部

2015年6月にオーケー株式会社に出向
経営企画室長

2016年1月にオーケー株式会社 執行役員 30%成長戦略室長兼店舗開発本部長

2016年5月に三菱商事㈱を退社

2016年6月にオーケー株式会社  社長に就任

スポンサーリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

#初上陸 #オーケーストア #オーケーストア最高

TTさん(@yt12_23)がシェアした投稿 –

オーケー創業者の飯田勧会長は?

創業者は経済人一家の三男で飯田勧会長は、
明治17年創業の日本橋馬喰町の老舗酒類・食品卸、

岡永商店(現・岡永)の2代目、飯田紋治郎氏の三男。

ちなみに長男の飯田博氏が岡永を継ぎ、次男の飯田保氏は居酒屋「天狗」

チェーンなどを展開するテンアライド創業者、

末男の飯田亮氏がセコムを創業した。

いずれも経済人として活躍する商才に長けた飯田4兄弟としても知られている。

岡永商店の小売部門として創業したが、
1967年9月に分離独立する。

オーケーの便利な試みとは?

ユニークなのは「オーケークラブ」会員を対象に、会員同士が支え合う買物代行サービス

「お友達宅配」を昨年6月から実験的に始めたこと。

 

これは宅配会員になった人が、専用アプリを使って、近くのお友達登録した人に依頼して、オーケーの店舗で買いたいものを買ってきてもらうシステムで、

代金と買物手数料10%(最低金額300円)を買物代行者に支払う。

 

毎日の買物が困難な高齢者のニーズに応えるのを主な目的としており、

店舗を絞って試行錯誤中。

経験を積み上げて利用を広げる意向。

最後に

どこよりも安いことが分っていれば、チラシが無くても安心して買い物ができる、

お客にとってはありがたいサービスです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。