高梨智樹(ドローン)の経歴に引篭りが会社経営?世界大会賞金1億1300万とは?

高梨智樹(たかなし・ともき)さんは国内でも数少ないドローンで
生計を立てている職業パイロットなのです。

身体が弱く識字障害もあり「引きこもり」がちだった少年が、
没頭し才能を開花したのです。

高梨智樹さんはその卓越した技術により、
一般的にはドローンを飛ばせない場所でも、

一部を除き飛行可能とされる特別な許可を国土交通省から取得し
、災害状況を把握するための撮影なども行なっている。

スポンサーリンク

18歳の時に父親とドローンで生計を立てている職業パイロットの会社

「スカイジョブ」を設立、

ドローンパイロットは少し前まではなかった職業でした、

ドローンパイロットの請け負う仕事としては、以下の5分野が主となっています。

・空撮

・農業

・測量

・講師(インストラクター)

・点検・検査

このうち、もっとも業界としての需要が高いのは「測量」「点検・検査」

の分野です。

そんな高梨智樹さんの経歴に引篭りが会社経営?

世界大会賞金1億1300万円など調べて見ました。

画像:https://smile.re-agent.info/blog/?p=2137

高梨智樹(たかなし・ともき)さんの経歴

職業:ドローンパイロット・スカイジョブ 合同会社 経営

誕生日:1998年生まれ

年齢:21歳(2019年度)

出身地:神奈川県生まれ

趣味:無線・踏切を見に行くこと

高梨智樹さんは幼少期から身体が弱く、「ひきこもりがち」で父親の勧めで

ラジコンヘリコプターを始める。

中学の時に見たドローン映像に衝撃を受け、パーツを取り寄せながら

ドローンを組み上げる。

2016年に国内大会で優勝し世界大会
「World Drone Prix 2016 Dubai」に出場。

2018年には韓国での世界大会

「DRONE SPORTS CHAMPIONSHIP 2018」にも出場。

18歳で父親とともにドローン専門会社「スカイジョブ」を設立。

スカイジョブ 合同会社

HP:

http://skyjob00.moo.jp/skyjobhome.html

ツイッター

スポンサーリンク

ドローンの世界大会賞金1億1300万円とは?

密かなブームが来ている『ドローンレース』
『FPVドローンレース』とは、

ドローンを操り指定のコースを早くゴールできるかを競うスポーツです。

FPVドローンレースは、FPV用のゴーグルやモニターを通して、

一人称視点でドローンを操縦し、ゴールまでのスピードを競う競技です。

ドバイで行われたドローンレースの賞金は、なんと1億3,000万円だった、

ローン大会優勝者はなんと15歳のフライト君だったのです。

スピードは、なんと時速150kmを超えるそうです。

日本にも密かなブームは来ており、将来はスポーツの一つとして目にする機会も増えるかもしれません。

日本のドローンレースを盛り上げる高梨 智樹さん!

一朝一夕で操れるものではありません、初めはそのスピードを制御するのにも

困難を極めます。

それゆえに、技術が高まる喜びと難しいテクニックを決められたときの快感は、

他の数多のスポーツに勝るとも劣らないものになっています。

日本では電波法によって電波を利用する際には、電波帯によって利用用途が定められており、

この5.6ヘルツ帯を利用するには免許が必要となっているのです。

しかし海外では禁止されていないため、FPV機器が日本国内だけ使用できない状態になってしまっています。

・アマチュア無線免許の取得

・利用申請を出す

まだまだ面倒な手続きが必要で敷居が高い。

規制が緩和されるとブームになる可能性も
十分考えられるのです。

ドローンパイロットの10年後の未来は厳しい?

ドローンパイロットもAIに職を奪われる1つです。

●20120年までに商用ドローンの50%が自動化する、

●ドローンパイロットのニーズは劇的に減少する

ごく自然の流れですが、AIによって思いっきりニーズがなくなるのが

ドローンパイロットです。

すでに空撮分野は成熟しきっておりレッドオーシャン状態。

さらにAIの技術進歩によって職が失われるという下火産業(下火職業)です。

●決して甘いビジネスではない。

●決して将来性がある職業でもない。

最後に

ドローンパイロットの職業は今後伸びると思われましたが、

このように将来はAIによって思いっきりニーズがなくなる、

ドローン宅配は自動化、ドローン警備も自動化も進んでおり今後は職業としては厳しいのが分かります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ なつぞら

NHK朝ドラ なつぞら

NHK連続テレビ小説「なつぞら」奥原なつ(広瀬すず)の
実在モデルはだれなのか?

NHK大河ドラマいだてん

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

忍者