小田真規子(料理研究家)の年齢や経歴に大学は?レシピが無料ダウンロードできる?

スポンサーリンク
料理・食べ物

小田真規子(おだ・まきこ)さんは料理研究家,フードディレクター、栄養士、有限会社スタジオナッツ主宰されてます。

「簡単・ヘルシー・おいしい」をモットーに、おいしくて作りやすい料理、アイディアに富んだ料理を数多く発表されている。

小田真規子さんはズボラ料理界の巨匠と呼ばれている、料理の仕事に携わって30年以上く経ちますが、どちらかというと、

「考えること」「研究すること」が好きなタイプ。

たまたまその対象が料理だった、という感じなのです。

そんな小田真規子さんの年齢や経歴に大学は?レシピが無料ダウンロードできるなど調べて見ました。

 

スポンサーリンク

小田真規子(おだ・まきこ)さんの経歴

職業:料理研究家,フードディレクター、栄養士、有限会社スタジオナッツ主宰

誕生日:1965年生まれ

出身地:東京都

出身短大:女子栄養短期大学卒業

専門学校:香川専門学校製菓科

資格:栄養士資格

職歴

1986年にカロニック・ダイエット・スタジオに勤務。

1998年に独立し、スタジオナッツ主宰。

「簡単・ヘルシー・おいしい」をモットーに、おいしくて作りやすい料理、アイディアに富んだ料理を数多く発表。

雑誌、テレビ、新聞などのメディアで幅広く活躍している。

企業のメニュー開発や商品のトータルプロデュースも手がける。

ディレクションの実績も多数。

*レシピ掲載誌:オレンジページ、ESSEなど

*出演番組:あさイチ、きょうの料理(NHK)など

小田真規子の公式ウェブサイト

http://studionuts.com/makiko_oda

Instagram(インスタグラム)

小田真規子さんのレシピPDFダウンロードできます

●野菜を干せば、こんなにおいしい!

●まいにち小鍋

●休日が楽しみになる昼ごはん

●菜箸のひもを切ると料理はうまくなる

小田真規子さんのレシピ本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レンジでおいしい! 1人分の定番おかず (扶桑社ムック) [ 小田真規子 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/6/24時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 BEST! [ 小田 真規子 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/6/24時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

つくりおきおかずでほぼ朝つくらないお弁当 (別冊エッセ) [ 小田真規子 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2021/6/24時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おつまみが晩ごはん! [ 小田 真規子 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2021/6/24時点)

楽天で購入

 

 

卵料理を極めたら料理上手とは?

得意な料理は目玉焼きなの!しかし簡単にはいかない、卵黄がトロッとしていると家族から絶賛されたりもします。

一見簡単そうな目玉焼きも、初心者の人が作ろうとすると黄身が理想の固さにならなかったり、

卵を割るときに黄身を潰してしまったりなんてこともあります。

料理に慣れている人でも意外と知らない「卵料理」の基礎知識があるのです。

「目玉焼き」編

絶対失敗しない「目玉焼き」のコツ!

■材料(1人分)

卵…1個
塩…少々
サラダ油…小さじ1
※濡れ布巾とへらはすぐに使えるように準備しておく。

■作り方

1.フライパン小(20cm)にサラダ油を入れて中火にかけ、1分ほど加熱して油を広げる。卵を別の容器に割り入れ、中央にそっと流し入れる。

=POINT=

・【余熱は短く!】フライパンの余熱は短めに、油は入れすぎないこと。

・【卵の直割は×】卵はフライパンに直接割り入れず、あらかじめ割ったものを流し入れると、黄身が割れるという失敗を防げます。

2.そのまま30~40秒焼き、白身に火が通ったら濡れ布巾にのせて20~30秒おき、白身に塩をふる。

=POINT=

・【濡れ布巾で余熱を利用】濡れ布巾にのせて温度を下げることで、白身と黄身に均一に火が入り、焼きすぎを防げます。
・【白身に塩をふる】白身の部分に塩を加えると、固まりやすくなります。

3.再び中火にかけて、2分ほど焼く。

=POINT=
・【失敗したら二つ折り】黄身が割れて失敗した!というときは、二つ折りにすればOK。

「スクランブルエッグ」編

■材料(1人分)
卵…2個

<A>
牛乳…大さじ1
塩、こしょう…各少々

バター(できれば冷えたもの)…10g

※ゴムべらと濡れ布巾はすぐに使えるように準備しておく。

■作り方

1.ボウルに卵を割り入れ、卵黄を菜箸でつついて割り、箸先をボウルにつけて30回ほど切るように混ぜる。Aを加え、さっと混ぜる。

=POINT=

・【箸先はボウルに密着】混ぜる時にこうすると卵液に空気が入らず、卵が固まりやすくなります。

・【白身を切る】混ぜた後に箸を何度か持ち上げると白身が切れ、滑らかな卵液に。食感がよくなります。

2.フライパン小(20cm)を中火で2分熱し、バターを入れる。バターの形が半分残るくらいになったら、高めの位置から卵液を注ぐ。

=POINT=

・【卵はバターが溶けきらないうちに注ぐ】バターの粘りによってフライパンの温度が一定に保たれ、卵にゆっくりと均一に火が通ります。

3.10~15秒そのまま待ち、周りが固まってきたら、ゴムべらで*フライパンに沿って手早く大きく5回、外から中へ混ぜる。

4.火から外して濡れ布巾にのせ、4~5回さらに大きく混ぜて、余熱で好みの硬さになるまで火を通す。

=POINT=

【余熱で火を通す】卵は火が通りやすいので、コンロの上で作業し続けると加熱しすぎることも。卵が固まり切っていない状態でフライパンを火から外し、濡れ布巾にのせて熱をやわらげ、卵の火の通りを見ながら仕上げます。

毎日の料理に欠かせない「卵料理」、ぜひコツをマスターしてもっとおいしく楽しんでみてくださいね。

https://news.cookpad.com/articles/40482
より抜粋!

最後に

小田真規子さんの「一日がしあわせになる朝ごはん」などは、

火を使わずできる丼、デザートのような朝ごはん、トーストのバリエーションは39通りもある、

旅館の朝食のような完璧な定食なんて無理で朝は眠いし、なるべくならゆっくりしていたいと思う方にオススメです。

タイトルとURLをコピーしました