原島玲子は新宿ゴールデン街のBar ロベリヤのママ?年齢やお店の場所は?

新宿ゴールデン街の原島玲子(はらしま・れいこ)ママ、

原島玲子ママが経営する「Bar ロベリヤ」ですが、ゴールデン街で生まれ育ち現在もお店のママとして活躍さてている。

新宿ゴールデン街とは?

東京都新宿区歌舞伎町1丁目にある飲食店街なのですが、
木造長屋が連なっており、

約300軒の小さな飲食店が密集している。

スポンサーリンク

近年はヨーロッパなど欧米からの観光客が、多く訪れる

人気スポットとなっている。

太平洋戦争終結後の混乱期にできた闇市を端緒とする、

その後にほとんどの店が飲食店の名目で赤線まがいの営業をしていたが、

1958年に売春防止法施行によりすべて廃業なり、

飲み屋が密集する街となり、「新宿ゴールデン街」と呼ばれるようになった。

しだいに新宿ゴールデン街は文化人の集う街として広く知られるようになる。

新宿ゴールデン街のたしなみは?

・1階は出入りしやすく初心者におすすめ、初心者は1階のお店に入る。

・店員さんに一杯奢り、コミュニケーションをとる。

・店がいっぱいになったら先にいるお客さんから店を出る。

・後ろで飲んでいるお客さんにお酒を渡すなど狭い店内では場の雰囲気を読む。

・送り出すときは「いってらっしゃい」また戻っておいでという意味もある。

・初心者は色んなお店に行き自分に合うお店を見つける。

・ゴールデン街にはメニューが無い店も多いので、
お店においてある数種類のお酒を見て注文する。

そんな原島玲子ママの経歴や年齢に「Bar ロベリヤ」の場所など調べて見ました。

原島玲子ママの経歴や「Bar ロベリヤ」の場所は?

本名:原島玲子(はらしま・れいこ)

職業:「Bar ロベリヤ」2代目ママ

誕生:1964年生まれ

年齢:55歳(2019年度)

出身地:東京都新宿区

出身校:東京都の高校

「Bar ロベリヤ」は、昭和30年代に母・千代子さんがお店を開業しました。

娘である原島玲子さんが2代目ママとして「Bar ロベリヤ」を経営してます。

昔は、ゴールデン街は飲食店街でもあり住宅街でもあった。

原島玲子さんが生まれるも幼い頃に離婚、
2人暮らしを余儀なくされたのです。

その後に原島玲子さんが子供の頃に廃止になっており、

別のところに住んでいたが毎日のように通っていた。

母親は2012年に75歳で他界する、
2013年に49歳の原島玲子さんは
母の店「ロベリア」を改装し、

新しい店としてオープンさせたのです。

その後は新宿ゴールデン街の名物ママとなったのです。

スポンサーリンク

「Bar ロベリヤ」のお店はどこ?

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-7 (あかるい花園五番街 2階)

電話番号:+81 3-3200-0311

営業時間:18:00-28:00

アクセス

JR新宿駅東口でも西口でもいいのでアルタスタジオを目指。

新宿駅徒歩6分

●「新宿ゴールデン街」全店舗地図はこちら
(2019年6月20日版)

https://konokiji.com/wp-content/uploads/2019/07/201907.pdf

●新宿ゴールデン街美女名鑑はこちら

https://www.facebook.com/goldengai.bijomeikan/

新宿ゴールデン街に入門する方にオススメは?

入門編として初心者におすすめのお店

◎初級編 名物ママが癒してくれるお店
「呑家しの」。

◎中級編 芸能人に合えるBar 「ソワレ」。

◎上級編 ゴールデン街で生まれ育ったママがいるお店「Barロベリヤ」。

◎お酒が飲めなくても楽しめる新宿ゴールデン街グルメ。

▼チキッチン
カニクリームコロッケ 800円(税込)。

▼女性に大人気 肉料理専門店「肉人」
人気№1料理 骨付きとりモモ焼 890円(税込)

▼芸能人も通う人気店 ばるぼら屋
15年間出汁をつぎ足している 牛スジ煮込み 450円(税込)。

最後に

新宿ゴールデン街は安心してのめますが、
間違っても近くの歌舞伎町へ行かないように注意しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ なつぞら

NHK朝ドラ なつぞら

NHK連続テレビ小説「なつぞら」奥原なつ(広瀬すず)の
実在モデルはだれなのか?

NHK大河ドラマいだてん

NHK朝ドラ スカーレット

NHK朝ドラ スカーレット

NHK朝の連続ドラマ小説スカーレット川原喜美子(戸田恵梨香)のモデルは神山清子さんの半生

忍者