中西進(国文学者)の経歴や3回の結婚の妻は誰?子供は何人なの?

中西進(なかにし・すすむ)先生は
新元号「令和」の考案者と目され、

日本中の注目を集める国文学者となってしまいました。

中西進先生はここ3ヶ月間は1日も休まず西へ東へと
飛び回っているそうです。

8月の誕生日がくれば90歳ですからバイタリティがありすぎ。

スポンサーリンク

自宅の庭には図書館のような書庫もあり、古今東西の文献が並んでいる。

90歳の今なお探求心を失わない中西先生の原動力は、

「わからないこと」だと言う。

「わからない」は結論じゃなくてスタートラインに立っているということ
だそうです。

そんな中西 進先生の経歴や3回の結婚の妻は誰?

子供は何人など調べて見ました。

画像:https://illustkun.com/moji-reiwa/

中西 進(なかにし・すすむ)先生の経歴

誕生日:1929年8月21日生まれ

年齢:90歳(2019年度)

出身地:東京都

出身中・高校:

旧制武蔵中学校(現、東京都立武蔵丘高校)→広島大学附属高校

出身大学:

東京大学文学部卒業

東京大学大学院文学研究科修士課程修了

東京大学大学院文学研究科博士課程修了

趣味:ふくろうグッズ集め

職歴

1970年に成城大学文芸学部教授

1984年に筑波大学歴史人類学系教授

1987年に国際日本文化研究センター教授

1991年に 文化庁国語審議会委員

1995年に帝塚山学院大学教授

1995年に帝塚山学院大学国際理解研究所所長

1997年に大阪女子大学学長

日本学術会議会員

2001年に帝塚山学院理事長

帝塚山学院学院長

2003年に日本ペンクラブ副会長

スポンサーリンク

2004年に京都市立芸術大学学長

文部科学省中央教育審議会委員

2011年に池坊短期大学学長

高志の国文学館館長

中西 進先生は俳句が趣味だった父親の影響で、3歳から俳句を詠んでいたという。

中西進先生の3回の結婚の妻は誰?

中西進先生は結婚を3回しているそうです、90歳でも元気ですね、

今は忙しく3か月休みなく活動されているそうで羨ましい限りです。

●中西進先生の1人目の妻は?

中西進先生の1人目の妻(奥さんは)は離婚されたと情報がありますが、

お名前や年齢の詳細はわかりませんでしたが、たぶん高齢なのでは無いでしょうか。

●中西進先生の2人目の妻は?

中西進さんの2人目の妻(奥さん)は中西ひろ子さんとおっしゃる方です。

中西進先生と妻のひろ子さんはとても仲がよい夫婦として有名で、世間でもオシドリ夫婦として知られていた、

講演会を行う際は必ず同行されていたそうです。

妻のひろ子さんでしたが、2011年
9月に持病の腎臓病の悪化が原因で
65歳という若さで亡くなられました。

●中西進先生の3人目の妻は?

妻のひろ子さんを亡くしてから3度目の結婚をした、

年の差約3歳だそうですから現在60前後の妻(奥さん)となります。

結婚式の仲人をしてもらったという知人の方の話によると、

着物が似合う品の良い女性とのことで、

お名前などの詳細は分かりませんでした、普通の90歳の財産も無い人には
縁が無いでしょうね。

そうなれば気になるお子さんなのですが?

中西進先生に娘や息子はいるの?

中西進先生には1人目の妻(奥さん)との間には4人の子供が

いらっしゃったそうです。

さらに2人目の妻(奥さん)である中西ひろ子さんには連れ子の

2人の娘さんがいました。

残念なことに娘さんのうち、妹さんの方はスキューバダイビングの最中、

水難事故にあって亡くなられたそうです。

お姉さんの方はアイルランドの大学に留学しておられ、

医学部に入り医師を目指していたそうです。

きっと医師になられて活躍されているのではないでしょうか。

情報が少なく確証はありませんが、私生活は個人情報になりますから

芸能人のような情報はありませんでした。

最後に

資産もあるでしょうから今後遺産相続
でもめるような気がします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ なつぞら

NHK朝ドラ なつぞら

NHK連続テレビ小説「なつぞら」奥原なつ(広瀬すず)の
実在モデルはだれなのか?

NHK大河ドラマいだてん

NHK朝ドラ スカーレット

NHK朝ドラ スカーレット

NHK朝の連続ドラマ小説スカーレット川原喜美子(戸田恵梨香)のモデルは神山清子さんの半生

忍者