松村眞由子は料理研究家で料理教室や大学や結婚は?野菜のおいしい保存術!

スポンサーリンク
料理・食べ物

松村 眞由子(まつむら・まゆこ)さんは
管理栄養士、料理研究家で、M-cooking-studio
(Mクッキングスタジオ)主宰されている。

 

調理科学・栄養学をふまえた「つくりやすく、おいしい料理」の
開発を目指し、

書籍の共著や雑誌の連載、各地の講演活動などを行っている。

そんな松村 眞由子さんの料理教室やMクッキングスタジオと大学や結婚は?野菜のおいしい保存術!など調べて見ました。

 

スポンサーリンク

松村 眞由子(まつむら・まゆこ)さんの経歴

職業:管理栄養士、料理研究家、M-cooking-studio主宰

年齢:未公開

出身大学:日本女子大学家政学部食物学科

趣味:旅行、おもしろキッチングッズ集め

スポーツ:テニス、ゴルフ

結婚:既婚

役職:

・日本女子大学非常勤講師

・江戸東京野菜コンシェルジュ

・エコ・クッキングナビゲーター

 

松村 眞由子さんは日本女子大学家政学部食物学科卒業後、

中京短期大学助手などを経て、「お料理教室」運営のベターホーム協会に勤務。

料理教室の企画・制作、月刊誌のレシピ研究・開発などを担当。

2007年に独立して「M‐cooking‐studio」を開設。

働く主婦としての経験も長く、「朝つめるだけ!! お弁当生活便利帖」や

「毎日の台所 ラクをする工夫とおいしいレシピ」や「朝つめるだけ!

野菜たっぷりお弁当生活便利帖」などが人気です。

M-cooking-studio(Mクッキングスタジオ)教室や連絡方法?

HP:http://tanosiicooking.blog62.fc2.com/

料理教室

●商品を使った料理教室、栄養士の調理研修など、さまざまなテーマの料理教室のレシピ開発、講師派遣をいたします。
また、ご結婚を目前にされた方の集中レッスンや、ご依頼主様のご自宅に伺ってのプライベートレッスンのご相談も承ります。

●Mクッキングスタジオでのお料理教室は、毎日の食生活に本当に役に立ち、季節や食をいとおしみ、何よりお料理をすること、食べることが楽しくなるレッスンを目指しております。

住所:東京都国分寺市

アクセス:中央線国分寺駅 徒歩4分

住所は連絡や問い合わせで教えてくれます。

連絡・お問い合わせ

下記アドレスへ連絡

m.cooking.studio@gmail.com

 

松村眞由子さんの書籍は?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おいしいコツがひと目でわかる!きほんの料理 [ 松村 眞由子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/6/17時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

朝つめるだけ!野菜たっぷりお弁当生活便利帖 [ 松村眞由子 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/6/17時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 スライサーで野菜たっぷり早うま!レシピ /松村眞由子【著】 【中古】afb
価格:500円(税込、送料別) (2021/6/17時点)

楽天で購入

 

 

松村眞由子さんの野菜のおいしい保存術?

夏野菜の家庭菜園でとれすぎたり、思わずたくさん買ってしまったりしませんか?

イモ・タマネギは常温できますが、野菜のおいしさや栄養をできるだけ損なわずに保存し、無駄なく食べ切るにはどうしたらいいのか?

「野菜は何でも冷蔵庫に入れればいいと思ってはいけない」

それは、野菜も寒さに弱く、冷蔵庫で冷やし過ぎると低温障害を起こすものもある。

そうです、夏野菜のナス、トマト、サツマイモ野菜の特性を知って、保存場所を決めることが重要になる。

常温保存は都会の住宅事情では難しい、昼間留守になり、室温が30度を超えるようなら冷蔵庫に入れるほうが無難です。

ただし、適当に放り込めばいいわけではない。

※冷蔵庫の中は思っている以上に乾燥しているのです。

●野菜は洗ってから冷蔵庫に入れること。

泥や汚れ、中には虫がついている野菜もあり、そのまま入れると不衛生で、洗っておくと調理するとき手間を省く。

●野菜は水分がついていると腐りやすいので、水気はしっかりと拭き取る。

●野菜は乾かないよう、ポリ袋に入れるのが基本。

●葉もの野菜は上からもう1枚袋をかけて、葉先の乾燥を防ぐといい。

●夏野菜は冷蔵庫の温度(一般的に5~7度程度)に設定した野菜室ですが、

夏野菜は出し入れするたびに外気に触れやすい、野菜室の手前側に入れておくといいのです。

●葉ものやアスパラガスのように上に伸びる野菜は、冷蔵庫の中でも立てておくと、栄養を消耗しにくいのです。

例外の野菜もある

・トウモロコシはその日食べる分だけ買うのが基本で、

収穫時には甘いが、あっという間に甘みがなくなる。

・キュウリは「シャキシャキ感は長く保てても、香りは3日で消える」。

・食べきれない場合は、煮物やいため物、汁物の具など使用すつなら、

(1)生のまま切って冷凍する

(2)固めにゆでて冷凍する

(3)干し野菜にする

「塩、しょうゆ、味噌を少量まぶしておくのもお勧め。サラダ、あえ物からいため物まで、応用が利く」。

ひと手間かけることが野菜を無駄なく食べる極意

タイトルとURLをコピーしました