藤井聡 カリスマ訓練士 未来シアターに 犬は頭を撫でれば喜ぶ!

 

img_01

ドッグトレーナーの藤井聡さんカリスマ訓練士として、

テレビをはじめ、様々な メディアに出演していたり、

著書も多くあるので ご存知の方も多いと思います。

50年以上にわたって、犬と生活している藤井さんは

これまで、1000頭以上の犬を手がけてきたそうですね

日頃は訓練士の養成に従事しながら、国内外の様々な

訓練競技会に出場。

1992年から6度に渡って、

WUSV(ドイツシェパード犬世界連盟)

主催訓練世界選手権大会に日本代表として出場。

98年度には日本代表のキャプテンに任命され、

個人で8位入賞、団体では3位入賞という成績を収めた。

スポンサーリンク

カリスマと呼ばれるその技に迫る

間違ったしつけは、メディアの誤った情報?

藤井さんは、しつけがうまくいかない原因として

多くの人が、間違ったしつけ方を行っている事を

指摘しています。

一番の間違いは、犬との信頼関係を築くのに多くの人が

褒めることだと思っているそうで、まずは、シッカリと

主従関係を築いていくことと言っています

ところで、米国の大学で行われた実験によると 犬を言葉で、

ほめてあげても、殆どというよりも 全く効果がなかった

そうで 頭を撫でてあげるのが、1番効果があったそうです

20130911044312

犬のしつけ、三つの方法

スポンサーリンク

藤井さんは、しつけと訓練は違うと言っていますがこのしつけ

と訓練をごちゃごちゃにしている人が多いとか?

藤井さんは、しつけ(躾)は身を美しくと書きますが

訓練は字が全く違うから、その意味も違うと言っていますね。

犬との主従関係を確立するための3つのしつけが必要?

それは、リーダーウォークとホールドスティールと

タッチングです。

リーダーウォークができるようになると

散歩する時に、ストレスがなくなるようです

ホールドスティールができるようになると 愛犬は、

安心感を覚え、ストレスもなくなるようです

この3つは、愛犬との主従関係をハッキリさせる為に

必ずマスターしておいて下さいと、藤井さんは、言っています。

その基礎の上に立って、様々な、いいしつけを 積み

上げていく感じになるんですね

詳細はコチラのサイトから

http://www.win.ne.jp/fujii/pet5/dog081022023032010.html

law_01

藤井聡さんのプロフィール

WUSV(ドイツシェパード犬世界連盟)

主催訓練世界選手権大会に 日本代表として6度に渡り出場。

1998年には日本代表の主将に任命され 個人競技で

8位入賞、団体は3位入賞。

(株)オールドッグセンター専務取締役

全犬種訓練学校責任者 付属日本訓練士養成学校教頭

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。